政党別 獲得議席予想 〜 2017衆院選

衆院選,参院選,国政選挙

政党別 獲得議席予想 〜 2017衆院選

希望の党は一転逆風に

10月10日に衆院選が公示され、いよいよ熱い戦いが始まりました。

9月17日に衆院解散がマスコミで報じられてから、一時は小池百合子氏の希望の党に追い風が吹くと思われましたが、民進党合流や分裂に伴うゴタゴタにより、むしろ希望の党にとっては逆風の元での選挙選になりそうです。

明確な争点があれば、無党派層の票で結果も変わり得るのですが、“小池劇場”も息切れして、政権交代選挙でもなくなってしまったことで、投票率も低水準に止まりそうです。

そうなれば、全国的に安定した組織を持つ自民党・公明党の与党に有利に働くでしょう。

政党別 獲得議席予想 〜 2017衆院選

ということで、2017衆院選の政党別の獲得議席予想をすることにしてみます。

政党別 獲得議席予想(10/10)

政党名 改選前議席数 2017衆院選
獲得議席予想
自民党 287 296
民進党 87
希望の党 11 45
立憲民主党 36
公明党 35 34
共産党 21 18
日本維新の会 15 14
自由党 2 0
社民党 2 2
無所属 12 20
欠員 3 0
合計 475 465

今回は、衆院の定員が10名減りますが、その草刈り場になりそうなのはどうやら民進党のようです。期待された追い風は逆風気味になった上に、分裂選挙となったことで希望の党・立憲民主党の数を合わせても、改選前議席を守ることは難しそうな情勢です。

一方、野党が二極化し、投票率の低迷で意外に勝ってしまいそうなのが、自民党です。解散時点では、いかに負け幅を少なくするかの戦いのはずが、希望の党のゴタゴタと民進党の分裂により、改選前議席を上回る情勢になっています。

自民党単独で過半数確保どころか、今後の希望の党の戦い方次第では、単独で2/3近い議席確保もありえそうです。

ページ上部へ戻る