紹介予定派遣とは?紹介予定派遣とは、派遣先に直接雇用されることを前提としてあらかじめ定められた期間のみ派遣スタッフとして就業することです。

派遣期間は大体3ヶ月ほどであり、派遣期間が終わる頃に就業していた企業と本人とが合意を交わして社員として採用されます。派遣期間は最大で6ヶ月となっています。

このような紹介予定派遣を利用するメリットは、働く側から見ると自分に合った企業を見つけやすく、一度働き始めればあらかじめ環境や社風などを知っているために定着しやすいということがあげられます。採用する側にとってもメリットがあり、自分の企業に合った良い人材を確保することにつながります。

働く側・採用する側双方にとって最適の選択ができますので、入社や採用を後悔することが少なくなります。

働く側にとって雰囲気に馴染めなかったり、スキルが活かせなかったり、自分に合わないと感じてしまうことが少なくなり、企業側にとっても書類選考や面接試験だけで採用する場合に比べて期待外れだと感じることが少なくなります。お互いにとってのタイムロスを避けられるため、最初から見極めができる紹介予定派遣はとても良い方法と言えるでしょう。

その他にも週転職活動にも紹介予定派遣は有効です。

一般的に就転職活動を行う場合にはなかなか成功できずに活動期間が長くなってしまうことがあります。特に職種によっては応募が少なかったり必要人数が多くないケースもありますので、狭き門を勝ち取るために様々なノウハウが必要となります。しかし、紹介予定派遣を利用すると派遣会社のサポートを受けながら就業先を決めることができますので、初めて転職活動を行うという場合でも安心です。

派遣会社に登録すると自分に合った仕事の探し方や求人検索の仕方、企業との交渉のサポートなどを行ってくれますので、安心して活動が行えるのも大きなポイントです。スキルに自信が無かったり実務経験が少ない場合には効率良く活動を行うのが難しくなりますが、派遣会社というプロの手を借りることで研修や教育制度を利用した上で活動に臨むことができます。ですから、経験の浅い若手を中心に紹介予定派遣は有効な手段です。

働いてみたい企業で紹介予定派遣が採用されているとは限りませんが、採用されているのなら利用してみる価値はあります。企業の方も誤った選択をして時間や費用をロスしたくないと考えますので、最近では大手企業でも積極的に利用するケースが増えています。

ページ上部へ戻る