美人の計 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

美人の計 〜 兵法三十六計

美人の計(びじんのけい)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第三十一計

「美人の計(びじんのけい)」

です。

「美人の計(びじんのけい)」とは

「美人の計(びじんのけい)」とは、
美女や珍しい物を献上することで、相手に安逸をむさぼらせて闘志を削ぐ」計略のことです。

「美人の計」の話

紀元前500年頃、中国の越に西施という絶世の美女がいました。先だって呉に会稽の戦いで降伏し、日々その復讐に燃えていた越王 勾践でしたが、越の謀臣であった范蠡が西施を見出し、密命を与えた上で呉王 夫差の元に献上しました。

西施に夢中になった呉王 夫差は、西施のために贅沢な離宮を造営して国庫を浪費し、次第に国政を顧みなくなっていきます。

こうして20余年の長い期間で次第に弱体化していった呉に対して、一方の越の勾践は「臥薪嘗胆」国力を蓄え、ついに呉を討伐して夫差を自刃に追い込んだのです。

「美人の計」は、今風に言うと「ハニートラップ」といったところでしょうか。

優れた経営者でも女性に溺れて晩節を汚したケースは少なくありません。常に自分を律することを忘れずに、経営に取り組んでいきたいものです。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

ページ上部へ戻る