財務省職員自殺の“主犯”は?

財務省職員自殺の“主犯”は?

財務省職員が自殺

朝日新聞の報道を発端に、いろいろな情報が飛び交って本筋が全くわからなくなっていた「財務省による文書書き換え疑惑」ですが、残念なことに死者が出てしまいました。

「全く存在しないこと、もしくは、行わなかったことを証明させる」ことを「悪魔の証明」と言いますが、この実質無理な悪魔の証明を、報道という立場で求めた朝日新聞によって、国会審議がなぜか止まり、多大な影響が出ている中での財務省職員の自殺ということで非常にやるせない気持ちになります。

自殺した財務省職員は森友学園との交渉に携わっていた方とのことで、手法を問わず、安倍政権打倒に動いている朝日新聞と野党6党の動きによる被害者と言えるのかもしれません。

私個人は、ここ一年の朝日新聞の「安倍政権打倒ありき」のようにしか見えない報道姿勢には怒りを覚えますし、朝日新聞と連動して動いているようにしか見えない野党6党(民進・希望・立憲・共産・自由・社民)の節操のなさには呆れるばかりですが、世論的にはこの悲惨な “事件” をどう捉えているのかを知りたいと思い、緊急世論調査をすることにしました。

財務省職員自殺の“主犯”は誰?〜緊急世論調査

現在、財務省職員自殺の “主犯” は誰かについて、Twitter上で世論調査を実施中です。

個人的には、証拠も公開できない中で記事化し、政局にした朝日新聞の罪は相当に重いと考えています。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る