進優子氏と松原文枝氏〜テレビ朝日のセクハラ問題

進優子氏と松原文枝氏〜テレビ朝日のセクハラ問題

テレビ朝日の進優子氏と松原文枝氏

福田事務次官のセクハラ疑惑ですが、“セクハラネタ”を週刊新潮を売った女性記者はテレビ朝日の進優子さん、セクハラを握り潰した上司がテレビ朝日の経済部長 松原文枝さんだったのではないかと言われています。

テレビ朝日の松原文枝さんといえば、リベラル系の思想を持っている方として知られていますが、結局、福田事務次官のセクハラ疑惑は、リベラル色の強い女性上司が女性記者に財務省事務次官の情報取得を命じ、それに伴って生じた女性記者のセクハラの訴えを女性上司が握りつぶし、自分を守るために女性記者が無断で会話を録音し、外部の週刊誌に情報を売ったというテレビ朝日内のモラルのなさが引き起こした問題だったと言えそうです。

女性が女性を使って女性の尊厳を踏みにじり、踏みにじられた側は姑息な手段でその報復をする、そんな事件だったと思うとやりきれない気持ちになります。

福田事務次官のセクハラ疑惑に関与した人々

福田事務次官のセクハラ疑惑については、「セカンドレイプ」なる言葉もリベラル系の人から多く出されていますが、

元々匿名で済んでいた話だったのに、立憲民主党の杉尾秀哉議員が「民放の記者」と明らかにしてしまい、テレビ朝日が「自社の社員」だと公表してしまい、フリー記者が民進党の会見で「進優子氏の実名」を出してしまい、その会見の動画を民進党が公開してしまったことで、福田事務次官のセクハラ疑惑の当事者がテレビ朝日の進優子さんであったと拡散してしまったわけです。

また、セクハラを握り潰したとされる女性記者の上司についても、リベラル色が濃い東京新聞の望月衣塑子記者が「女性」だと明らかにしてしまい、希望の党の柚木道義議員が「報道ステーションで頑張っていた女性」と拡散してしまって、テレビ朝日の経済部長 松原文枝さんの名前を事実上公表してしまいました。

結局、テレビ朝日・立憲民主党・民進党・希望の党・東京新聞やフリーの記者が関わった「福田事務次官以外、登場人物は全てリベラル」といった笑えない話になってしまいました。

福田事務次官のセクハラ疑惑を端的にいうなら、反政権のスクープを目指した人と反政権だけを考えて利用しようとした政治家のなれの果てということなのかもしれません。

イデオロギーや倒閣の駒として使われてしまった感があるテレビ朝日の進優子記者は少々かわいそうな気もしますが。

ページ上部へ戻る