関門捉賊 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

関門捉賊 〜 兵法三十六計

関門捉賊(かんもんそくぞく)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第二十二計

「関門捉賊(かんもんそくぞく)」

です。

「関門捉賊(かんもんそくぞく)」とは

「関門捉賊(かんもんそくぞく)」とは、
相手が弱小であれば、相手の退路を断って包囲殲滅すべき」という計略のことです。

「関門捉賊」の話

兵力差が少ない敵を包囲殲滅することは「窮鼠猫を嚙む」可能性を考えて避け、敵の逃げ道を残しながら兵力を削ぐことに注力すべきです。しかし、敵の兵力が少なく圧倒している状況であれば、一気に包囲殲滅してしまう方が良いというのが、この「関門捉賊」です。

古代中国の戦術家である呉子(呉起)が「もし、死に物狂いの賊が一人いて原野に隠れた場合、たとえ千人で追ったとしても、いつ襲ってくるのかとビクビクしているのは追っ手の方である。つまり、死を恐れない一人の兵士が千人の兵士を恐れさせることができるということだ。」と言ったように、死に物狂いの敵を逃してしまうことは、後日の憂いを生む要因になりかねません。

「関門捉賊」を現代のビジネスで考えるなら、マーケットにおいて自らよりも弱小ながらマーケットを乱すような企業がある場合、そのまま放置するのではなく、ヒト・モノ・カネといったリソースをフルに使い、攻勢を掛けて、マーケットから排除するべきということになるでしょう。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る