コンバージョンレート(CVR)とは?

コンバージョンレート(CVR)とは?

コンバージョンレート(CVR)とは

コンバージョンレート(CVR)とは、ウェブサイトで提供しているものやサービスの成約をあらわす指標になります。IT用語の一種で、ウェブサイトの運営による成果を知るためには便利な存在で、パーセンテージで表されるのが一般的です。

一般の店舗を持っている、インターネットのみで事業を行っている場合を問わず、インターネットで自分たちが作ったものや仕入れたもの、技術を売るにはウェブサイトを作るようにします。ウェブサイトに訪れる訪問者が紹介されている商品を実際に購入したり、お問い合わせをしたり、契約した場合にコンバージョン(CV)が発生します。コンバージョンレート(CVR)とは訪問者数とコンバージョン数を使い、算出された数値を用いるのがポイントです。

例えば、100人が訪問した場合にその内の1人が商品を購入したなら、1%のコンバージョンレート(CVR)であったことになります。50人中1人なら2%のコンバージョンレート(CVR)です。たった10人の訪問者でも10人全員が商品を購入したら、CVRは100%になります。逆に、訪問者が100人いたとしても、1つも成約がなければCVRは0%です。

このように、たくさんの訪問者を集められたとしても、結果が出なければ低い数値であらわされますので、ウェブサイトへの集客が成約に貢献しているのか確認するには、とても便利な数値として活用されているわけです。

ウェブサイト上の商品の購入やサービスの契約といった顧客にお金を支払ってもらうものだけでなく、会員登録などの無料サービスにおいてもCVRは用いられます。対象は何でも良く、ウェブサイトに訪れた人が何らかのアクションを起こすことに対してコンバージョンレート(CVR)は幅広く利用されています。

気になってくるのが結果ですが、必ずしもコンバージョンレート(CVR)が高い低いだけで、単純に優越を決められるものではありません。全く同じ条件であれば単純比較できますが、ジャンルや調査する目的などにより成果が出ていると判断できるコンバージョンレート(CVR)は違います。有料商品の販売と無料会員登録でCVRを競った場合を想像すれば、自ずとわかってきます。

訪問者が多くてもCVRが低いなら、ウェブサイトへの集客は成功していても、ウェブサイト自体の魅力が感じられない、もしくは提供しているモノやサービスが良くないと分析することができます。ウェブサイトや提供している商材に魅力がある場合は、ウェブサイトの作り方が悪いため、うまく契約画面やお問い合わせ画面まで誘導できていない可能性もあります。

このように、売上や会員、お問い合わせを今以上に増やしたい場合や、ウェブサイトの有効性が感じられない時の解決策の一つとして、コンバージョンレート(CVR)を使いこなすことになります。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る