DeNAがキュレーションメディアサイトで謝罪

DeNAがキュレーションメディアサイトで謝罪IT大手の DeNA(ディー・エヌ・エー)が「WELQ」などキュレーションメディアサイトに根拠が不明な記事を掲載したとされる騒動で、DeNAの守安社長・南場会長が都内で記者会見を開き謝罪しました。

今回、特に問題になったのは医療・健康情報を集めたキュレーションメディアサイト「WELQ」になります。

フリーライターから記事を集め、それらの記事をまとめて(キュレーション)、メディアサイト化する「キュレーションメディアサイト」の問題点が出た形です。本来、記事内容の文責は発行者であるDeNA(ディー・エヌ・エー)が負うべきですが、文章を書いたライターが責任を負う形になっていたとのことで、内容以前の問題もありました。

医療・健康・美容などは、薬事法の関係もあり、メディアにとっては特にナーバスな分野です。一方で、健康・美容関連商品は日々雨後の筍のように生まれてしのぎを削っており、「WELQ」のような医療・健康・美容系キュレーションメディアは引く手あまたでしょう。

しかし、医療の観点から誤った情報や、薬事法上問題となる情報が掲載されていた、などの今回の騒動を受け、DeNA(ディー・エヌ・エー)は「WELQ」などのキュレーションメディアサイトから「ダイエット」「抜群」「絶対」「効果」「100%」「誰でも」など、問題がありそうなページを非公開(削除)することになりました。

DeNAといえば、ガラケーゲームで急速に拡大した企業ですが、スマホゲームアプリで出遅れ、最近は任天堂とのゲームアプリでの業務提携などで活路を開こうとしていました。

そして、キュレーションメディアサイト事業もDeNA(ディー・エヌ・エー)の今後の屋台骨を支えてくれるはず、だったと思います。

おそらく今回の一連の騒動で、DeNAのキュレーションメディアサイト事業は頓挫するでしょう。スマホゲームアプリで出遅れ、収益の核を失いつつある中で、DeNA経営陣には焦りがあったのかもしれませんが、将来大切となる事業であればあるほど丁寧な進め方をすべきだったと言えるでしょう。

 

そもそも「キュレーションメディア」とは何なのか・・・

次は「キュレーションメディアとは」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る