Google検索ペンギンアップデート完了!?

Google,検索,検索エンジン

Google検索ペンギンアップデート完了!?先日より、Googleの検索順位が変な挙動を見せていましたが、どうやら落ち着いたようです。

<スポンサーリンク>

【関連記事:Google検索ペンギンアップデート間近!?

数日前に書いた上記記事内の事象で「既存サイトでもページを増やした時、インデックスされてから検索順位が出るまで1日弱掛かる」ようなことはなくなり、以前の通り、インデックスされるとすぐに検索順位が出るように戻りました。

ただ、ここ数日間でインデックスされたページの検索順位はまだ正常に反映していないように思いますので、全てが正常に戻ったかはわかりません。

変な挙動を見せた前後で検索順位を見比べてみたところ、いくつかのサイトで日常とは異なる順位の上昇が見られました。

当社の場合、検索順位を上げる手段として外部SEO対策を行いません。今回の挙動前後で順位低下したサイトよりも上昇したサイトの方が圧倒的に多かったことを考え合わせると、外部サイトからの被リンクを精査するGoogleの「ペンギンアップデート」が実行された可能性が高いように思います。

で、さらに(少数派だった)順位が低下したサイトをピックアップしていて、面白いことに気付きました。

順位が低下したサイトのほとんどが「スマホ対応していないサイト」だったのです。

もちろんスマホ対応していないサイトでも順位が低下しないサイトはいくつかありましたので、「スマホ対応をしていない=検索順位が落ちた」というわけではありません。でも、データを見ていると、スマホ対応をしていないことが検索順位に何らかの悪影響を与えているように思えてなりません。

先日、Googleから「5月よりユーザーフレンドリー(スマホ対応)でないサイトの検索順位を下げる」旨のアナウンスがあった(【関連記事:Google検索「スマホ対応してないと順位を下げる」)ばかりですので、今回の検索システムのアップデートで何らかの先行対応を行ったのかもしれません。今後の検索順位の動向をウォッチしていきたいと思います。

スポンサーリンク
JCBオリジナルシリーズ

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る