Google検索ペンギンアップデート間近!?

Google,検索,検索エンジン

Google検索ペンギンアップデート間近!?数日前から Googleの検索順位がちょっと変な挙動をみせています。変な挙動といっても、日常、Googleでキーワード検索をしている分には全くいつもと変わりないのですが。

どこが変かと言うと、具体的には、

  • 新規のホームページをGoogleの検索システムに登録した時、サイト自体は登録(「インデックス」と言います)されても検索順位が出てこない。
  • 既存サイトでもページを増やした時、インデックスされてから検索順位が出るまで1日弱掛かる
  • 順位が急上昇して、数時間後にまた元の順位に戻る。

といった事象が起こっています。

通常、新規のホームページがインデックスすると、主だったキーワードで何らかの検索順位がつきます。サイト自体がインデックスされたのにどのキーワードで検索しても順位が出ないのは異常です。既存サイトでページを増やした場合でもインデックスと時を同じくして順位が出るのが普通です。また、数時間単位で検索順位が数十位変わり、また元の順位に戻ってしまうのもあまり見ない事象です。

普段は見ないこういった事象ですが、実は今回初めてではありません。過去のGoogle検索の大規模なアップデートの直前で同じような事象が起きていました。

今回の事象も 3月中に実施予定と言われていたGoogle検索の大規模なアップデート(ペンギンアップデート)がなされていないことから、その前兆ではないかと思っています。

ペンギンアップデートとは

Googleが禁止しているSEO(ルール違反の外部サイトからのリンクなど)を見極めて、ルール違反のサイトの検索順位を下げるもしくはインデックスから外すアップデートのことです。

外部サイトからのリンクには、為になるからこそ生まれるものもあれば、SEO対策会社がお金を取ってリンクを貼っている(このケースはルール違反)ものもあります。その辺を見極めて、どうルール違反のものを弾き出すのか?Googleの腕の見せ所です。

まだまだ、外部サイトからの被リンクで検索順位が上がっているルール違反のサイトや、そういった被リンクを有料で売る悪質なSEO対策会社も多いので、正常化に向けてGoogleには頑張ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る