post truthとは?

post truthとは

post truth とは、客観的な事実や真実に基づかない無い真実、即ち嘘もしくはデマに近い事を意味する言葉で、最近ニュースで頻繁に用いられるようになりました。

英語の truth は「真実」という意味で、post truth は日本語で「ポスト真実」と言われることもあります。

post truth」という言葉が使われるようになったきっかけは、2016年に行われたイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票(Brexit)とアメリカの大統領選挙でしょう。特にアメリカ大統領選挙では、後に大統領となるドナルド・トランプ氏はアメリカの失業率が42%であるなどの客観的事実とは異なる真実を主張して当選を果たしました。

トランプ氏は大統領に就任してからも、大統領就任式に参加した聴衆の数が前任のオバマ大統領よりも少なかったと主要メディアが報道した際にも、主要メディアの客観的事実以外のもう1つの真実があるとして、オバマ大統領の時よりも聴衆の数は多かったと主張しました。この際にも「post truth」という言葉が頻繁にニュースなどで用いられました。

こうした、嘘をもしくは誤った情報をあたかも事実のように語る現象は何も海外だけに限った話ではありません。日本でも大手IT企業が運営する、キュレーションサイトにおいて真実が定かではない記事の乱立や他サイトの記事を不適切な形で引用したり・転用する事例が相次ぎ問題となりました。

「post truth」のような発言する人は、それを事実として主張しますが、それを受け取る人達が事実を重視していないのかと言われればそうではありません。真実自体には大いに興味を持っているものの、むしろ「誤った情報を事実と思っている」もしくは「自分の主義主張にあった真実のみしか受け入れない」という人が多くいるのが現状です。

本当の事実なのかどうかの検証が不十分だったり、そもそも検証作業自体をしない人が多いことが原因ではあるのですが、こうした嘘やデマを信じるもしくは真実を認めようとしない背景には、人々が思っている本音や感情が嘘の発言者の言葉と結び付けられて流布してしまうという側面があります。

大統領選でトランプ氏の攻撃的な発言が一部の人に受け入れられた背景には、不安や不満を持つ人達の本音や感情を上手にすくい上げているからに他なりません。

また「post truth」にはさらに大きな問題が潜んでいます。

SNSが発達した昨今では、あからさまな嘘でも人から人へシェアされていくことで多くの人の目に触れることになります。更に、こういった記事を見た人が、内容を深く読んだり、事実かどうかを調べたりせずに拡散してしまう人が多いことは「post truth」による情報被害を増やしてしまう原因となっています。

「post truth」の情報拡散に手を貸さないように、真実を見極める目を鍛え、怪しい情報は自ら調べる癖をつけるようにすべきでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る