これ謀攻の法なり|孫子の兵法

孫子の兵法

これ謀攻の法なり|孫子の兵法

これ謀攻の法なり

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子にある「謀攻の法」という言葉を見てみることにしましょう。


善く兵を用うる者は、人の兵を屈するも而も戦うに非ざるなり。
人の城を抜くも而も攻むるに非ざるなり。
人の国をやぶるも而も久しきに非ざるなり。
必ず全(まった)きを以て天下に争う。
故に兵頓(つか)れずして利全くすべし。
これ謀攻の法なり。

が「これ謀攻の法なり」のくだりですが、現代語訳にすると、

が「これ謀攻の法なり」のくだりですが、現代語訳にすると、

戦上手な人は、戦わずして敵軍を屈伏させ、城攻めをすることなく敵の城を落とし、長期戦にすることなく敵国を滅ぼす。無傷で相手を味方に加える方法によって天下を争う。それゆえ兵力も疲弊することなく完全な勝利を得られる。これが頭脳を使った戦いの方法だ。

という意味になります。

戦いに勝ったとしても戦力が次第に疲弊していったのでは、いずれ滅びてしまいます。遮二無二敵を攻めるのではなく、頭脳を使い「戦わずして勝つ」ことで他者の勢力を加えていくことが重要です。

現代のビジネスでも、相手を潰して勝つのではなく、相手をうまく取り込んでいくべき時は多いように思います。“強大な敵”は“最強の味方”になり得るという考え方は大切です。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る