ハッカー集団アノニマスとは

アノニマスとは?

アノニマスとは

アノニマスとは、匿名で活動するハッカー集団です。集団といっても、ピラミッド型の組織ではなく、インターネット上の繋がりによる緩やかな集合体と言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アノニマスは、英語名:Anonymous(名無し)に由来しており、海外を中心としたインターネット掲示板やユーチューブの利用者から自然発生的に生まれたようです。

アノニマスは、インターネットの黎明期から活動していますが、次第に政治的な活動にシフトしており、違法ダウンロードの刑罰化、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発、ISILなどへの対抗手段として、ハッキング攻撃を行なっています。

アノニマスについては、その名称(名無し)や特徴的な仮面の通り、全く素性が知られていないので組織形態すらわからないのが実情ですが、様々な活動において常に共通していることは、定まったリーダーが見受けられないことです。つまり、誰かが誘導するわけではなく一つのムーブメントに対して自然発生的に起こっていて、民衆のリアルな声とも言えるかもしれません。

スポンサーリンク

ハッキングという意味では犯罪集団でもあるアノニマスですが、その活動については、いわば「現代版の石川五右衛門」のように“義賊”的な感覚で捉えている人も多いのが現状です。

世界情勢が大きく変化し、これまで平穏無事な生活が続いていた地域においてもテロの脅威が差し迫っている現代において、アノニマスは、世界を動かす力になる可能性もあり注視が必要でしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る