キュレーションサイト対策 Googleアップデート!?2017年2月3日、Googleが検索アルゴリズムの変更(アップデート)について一つのアナウンスを行いました。

この変更がSEO界隈では「キュレーションサイトアップデート」ではないか、と話題になっています。では、このGoogleの検索アルゴリズムの変更とはどのようなものなのでしょうか?

まずは、Googleからのアナウンスを見てみましょう。

日本語検索の品質向上にむけて

Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

今回のアップデートのポイントを挙げてみると、

  • 日本語検索専用のアップデート
  • ユーザーに有用な情報を提供するよりも検索上位に自ページを表示させることに主眼を置く品質の低いサイトの順位が下がる
  • 今回のアップデートは低品質なサイトへの対策を意図している

つまり、

日本語サイトでは低品質なサイトが溢れていて、Googleの検索アルゴリズムの盲点をかいくぐる“SEO”によって、検索上位に表示されていた

と言う現状があって、Google検索の信頼性に関わってくるおそれがあったことから、今回のアップデートにつながったということのようです。

スポンサーリンク

基本的にサイトのページ数が増えていくと検索上位になりやすくなるので、数千ページからなるメディアサイトやキュレーションサイトは情報の信頼性の有無に関わらず、数多くのキーワードで検索上位を占めていたという実態がありました。

で、どんなサイトの検索順位が落ちたかですが、

辻正浩さんという方の調べによると、

RETRIP(https://retrip.jp/)
Marble(http://topicks.jp/)
KAUMO(https://kaumo.jp/)
マーミー(http://moomii.jp/)
MARCH(http://maternity-march.jp/)
カラダノート(https://karadanote.jp/)
健康生活(https://health-to-you.jp/)

などのキュレーションサイトやメディアサイトとのことです。

RETRIP、Marble、KAUMOあたりのサイトは記事をパクられたという話も聞きますので、今回のGoogleのアップデートでは「記事のパクリ」の判定を行うアルゴリズムを強化し、既存サイトの記事と突合して一定度以上の一致率のページの評価を下げた、といったところでしょう。

気をつけなければならないのは、Googleがまとめサイト(キュレーションサイト)自体を悪だとは考えていないといったところで、NAVERなどのまとめサイト(キュレーションサイト)は依然として多くのキーワードで検索上位にあります。

Googleとしては、既存サイトからの「情報のパクリ」、偽の情報への対策をとっていくということで、対象はキュレーションサイトに限られたものではありません。そのことは忘れないようにサイト運営をしていくべきでしょう。

キュレーションサイトとは・・・

次は「キュレーションメディアとは」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る