コインチェックに金融庁立ち入り検査

コインチェックに金融庁立ち入り検査

コインチェックに金融庁立ち入り検査

仮想通貨取引所コインチェックにおいて 580億円分の仮想通貨 NEM が流出した問題で、2日、金融庁がコインチェック社へ立ち入り検査に入りました。

事件発覚後、金融庁はコインチェック社を呼び出して報告を受け、業務改善命令を出し、今後の改善について2月13日までにまとめるように指示していましたが、その中での立ち入り検査となったことは極めて異例のことです。

コインチェックにおいては、外部のネットワークに接続したまま多額の仮想通貨を保管していたなど杜撰な管理が既に判明していますが、顧客の預かり資金と自社の運営資金の分別管理していなかったように見受けられることや、コインチェック側は詳しい財務状況を提出せず、説明に不明瞭な点が多かったことで、金融庁は顧客への返金支払能力について疑義を持ったようです。

本来であれば、2月13日の報告を待ち、立ち入り検査となるところですが、あえて金曜日の営業時間前を狙って立ち入り検査に入ったということは、顧客保護の観点から緊急性がある事態がコインチェックに起きていることを金融庁側が察知したと見るべきです。

コインチェックについては、顧客からの預かり資産を運転資金等に流用していた疑惑や、二重帳簿を作っている疑惑、密かに資金を外部に逃がして破綻処理を進めている疑惑などが囁かれており、そういった噂話がまんざら嘘ではないということなのかもしれません。

いずれにしても、金融庁がコインチェック社へ立ち入り検査に入ったことで、コインチェック社の財務状況ははっきりし、計画的な破産申請を行うこともできなくなるでしょう。

史上最大の通貨流出となった今回の “コインチェック事件” ですが、ようやく全容が見えてきそうです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る