コンサルの仕事〜コンサルティングを考える

img_g010

コンサルの仕事〜コンサルティングを考える世の中にコンサル(コンサルティング)を名乗る人や会社が数多くあります。

コンサルやコンサルティングと言うと、特殊な経験や技術を持っていて、その経験や技術を移転、あるいはアドバイスしてくれるイメージを皆さんお持ちなのではないでしょうか。

コンサルと言われたり、コンサルティングをする人は、実務経験が豊富で、特定のカテゴリーでのプロでなければならないと思うのですが、実際に出会う“コンサル”は実務経験のない、あるいは少ない人が多いように思います。

こういった人のお話を聞いていると、コンサル(コンサルティング)は経営者の話を聞くコーチング的なイメージだったり、自分の人脈を生かして業者を紹介するブローカー的なイメージの場合が多いように思えます。

コンサルと言われる人たちと仕事をした機会も何度かありますが、今回は、最近、自称“コンサル”が、ブローカー的にクライアントと業者を仲介した事例でコンサルの仕事について考えてみましょう。

過去の経験上、ブローカー的に動く人は得てして、業務を仲介しつつ「中抜き」をして稼ぐケースが多いように思いますが、今回の“コンサル”は「中抜き」はせず、クライアントから「コンサルティング料」を支払ってもらうケースでした。そう言う意味では、業務に関する料金自体の透明性は担保されていましたので、当社としてこの案件に参加することを決めた次第です。

スポンサーリンク

ちなみに、コンサルやコンサルティング会社が間に入って「中抜き」をするケースだと、お客様側(クライアント)が高い料金を支払わされてしまい不利益を受けますので、お客様側(クライアント)がそのことを容認しているケース以外は、当社では業務を引き受けません。

話を本題に戻しましょう。
今回の“コンサル”は自身には業務スキルがなく、クライアントに業務提供会社を仲介する「ブローカー的」なタイプの“コンサル”でした。コンサル料をいただく「ブローカー的」なタイプだと、例えばWebサイト制作のディレクションのように全体的な知識を持った上で、クライアントに対しアドバイスを行い、クライアントの意向を酌みながら調整し、業務を提供する会社に業務指示を行うことが必要になってくると思います。

しかし、今回の“コンサル”は全体的な知識も薄く、調整能力も欠けていたため、クライアントと業務提供会社の間の「伝書鳩」のような感じなってしまいました。その結果、当然、細かな問題が複数発生してきて、クライアント側からはコンサル自身が何をしてくれているのかがわからなくなり、不満が溜まった状態になってしまいました。

最終的にこの案件では、クライアントに大きな問題を引き起こしてしまい、計画が頓挫するといった結果で終わりました。

この手の“コンサル”は、起業して年月が浅い会社や経営者によく見られますが、根本的な業務知識がなくコンサル(コンサルティング)に首を突っ込むと、本人や会社自体の信用を落とすだけでなく、クライアントを始め、巻き込んだ会社に迷惑を掛けてしまいます。コンサル(コンサルティング)は気軽に始めるものではなく、しっかりとした実務のバックボーンを持って行いたいものです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る