ジャニーズ事務所のSMAP元マネージャー懲戒解雇で思うこと

ジャニーズ事務所のSMAP元マネージャー懲戒解雇で思うこと2016年秋にジャニーズ事務所のSMAP元マネージャーだった社員がリベートを要求していたことが発覚し懲戒解雇されていた、というニュースを目にしました。

報道した週刊新潮によると、ジャニーズ事務所に解雇された人物は、SMAP元マネージャーの一人だった50歳前後の男性社員で、ジャニーズ事務所からライブや舞台関係の仕事を行う子会社へ出向中に、業務を発注した業者に対し1億円にも届くほどのリベート(キックバック)を要求し受け取ってたとのことです。

その子会社に税務署の税務調査が入ったことで、怪しい金の流れが明るみに出たらしいのですが・・・。

昨今は、中小企業でもコンプライアンスの遵守が叫ばれていることもあり、ビジネス上でもリベートやキックバックを要求されることは少なくなりましたが、ごく稀にリベートやキックバックの打診を受けることがあります。

バブル時代の名残なのでしょうか、こういったリベートやキックバックを打診してくる人は、年齢的に今回のジャニーズ事務所の件と同年代の50代以上が多いように思います。

それはさておき、リベートやキックバックをすることで契約が取れ、売り上げが上がるわけですから、受け入れる側もメリットがあると言えばあるのですが、こういった旨い話は長続きしません。

そもそもリベートやキックバック分は発注額がアップして割高な契約を続けるわけですし、こういったケースは徐々に金額的にエスカレートしますから、遅かれ早かれ関係者にバレてしまいます。

たとえ関係者が気付かなくても、今回のように税務署の税務調査がリベートを要求した側・支払った側のどちらかの会社に入れば確実にバレるでしょう。

さらに、リベートやキックバックを支払うということは発注元の会社を騙すということですから、一度発覚することになれば、もう二度と発注元から仕事を受注できません。そう考えると、リベートやキックバックによる仕事の受注は決して割りの良い“旨い話”ではないことがわかるでしょう。

今回のジャニーズ事務所のSMAP元マネージャーのリベートによる懲戒解雇のような事案が一件でもなくなり、真っ当な商取引を行う中小企業が増えていくことを望んで止みません。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る