「これからのネット集客はSNS」という都市伝説

「これからのネット集客はSNS」という都市伝説インターネット関係で「SNS」というキーワードをよく聞きますが、SNSとはどういうものなのでしょう?

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で人と人のつながりを促進するコミュニティ型のWebサイトのことを言います。具体的には「Facebook」や「Twitter」「LINE」などが良く使われているSNSで、最近は元気がありませんが、一世を風靡した?「mixi」もSNSに該当します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

友達同士は趣味嗜好がよく似ていること、友達からの情報は信じやすいことなどをベースに友達からその友達へ情報を拡散させてビジネスにつなげていくという考え方のもと、「SNSを使った集客」は数年前からIT企業のサービスコンテンツの一つとなっています。

私のところにも「SNSは中小企業の集客にとって有効ですか?」という趣旨の質問がよくきます。

そういう質問があると「SNSで集客することは十分可能です。ただ、その為にはちゃんと手間を掛ける必要があります。ただアカウントを作って売り込み情報を垂れ流しにしておくだけなら、集客は期待できません。」とお答えしています。

スポンサーリンク

SNSはインターネット上にあるので忘れがちですが、大小様々なコミュニティの集合体です。そして、あなたの会社がSNSを始めるということは、そのコミュニティを新たに立ち上げるということを忘れてはいけません。コミュニティを作り、友達を募り、友達たちとコミュニケーションをとって初めてあなたの会社のファンになり、積極的に情報を拡散してくれるようになっていくのです。

その意味では「SNSを使った集客」は手間と時間が掛かるもので、インターネット集客の中でも難易度が非常に高く、あらゆる経営資源が厳しい中小企業にとって全く向かない集客方法であるということは認識しておく必要があります。アカウントを作り、情報を発信していれば集客ができるといった考えでは、IT業者の利益に貢献しているに過ぎません。

インターネット集客にはもっとハードルの低い手法はいくつかあります。中小企業にとって向かない集客方法に敢えてチャレンジするのではなく、中小企業らしい集客方法にチャレンジしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る