バリューチェーンとは?バリューチェーンとは、ハーバード・ビジネススクールのマイケル・E・ポーターが著書『競争優位の戦略』の中で用いた、消費活動における価値の生まれ方に関連する言葉です。

バリューチェーンの和訳としては「価値連鎖」という言葉が充てられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポーターは企業活動をまず「主活動」と「支援活動」に分類してバリューチェーンを説明しました。

主活動とは、購買物流、製造(オペレーション、といわれることもある)、出荷物流、マーケティング、半場、サービスからなり、支援活動は企業インフラ、人材資源管理、技術開発、調達から構成されるものを指します。

バリューチェーンという言葉からもわかる通り、この考え方は購買した原材料などに対して、その一連の流れの中にある各々の段階(特にポーターはこの価値を生み出す主体のことを「価値活動」と呼びます)において価値(つまりバリュー)が付与され、蓄積していくことこそが、企業の主活動であるというコンセプトに基づいた考え方になります。

スポンサーリンク

そして、バリューチェーンのそれぞれの段階で人材や原材料などの資源を必要とし、コストが派生するのですが、バリューチェーン全体が生み出す価値とコストの差が利潤として生まれることになります。

このバリューチェーンの考え方を用いて、バリューチェーン分析ということも行われています。

これは、企業活動をいったん個別の段階に分解して、それぞれが生み出している付加価値とコストを厳密に把握することから始まります。そして、各活動が最終的に生まれてくる価値にどの程度、どのように貢献しているのか、ということの関係性と構造を明らかにすることが可能になり、それがバリューチェーン分析です。

バリューチェーン分析によって、主活動の構成要素の効率をどのように上げるかによって競合している他社との差別化を図ることが可能になったり、外部との提携や協力関係を再構築する方法などを探すことが出来るようになるのです。つまり、バリューチェーン分析の結果から、企業間での競争優位を確立させることが出来るようになるわけです。

バリューチェーンが企業内部の様々な活動を相互により強く結びつけることによって、市場ニーズに柔軟に対応することが可能になり、その結果として、消費者にはより大きな価値がもたらされるようになります。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る