パーセプションチェンジとは?

パーセプションチェンジとは

パーセプションというのは、日本語で言い換えるならば「意識」や「認識」ということになります。チェンジは「変える」ですから、つまり、パーセプションチェンジとは「意識や認識を変える」ということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

例を挙げるならば、コマーシャルなどで商品の名前を連呼したり、とにかく商品の露出を高めたり、人気のタレントをイメージキャラクターに起用したりすることでも「パーセプションチェンジ」は起こりえます。インターネットなら、バナーやリスティングの集中出稿でも同様です。

このように、消極的な意味でいうならば、全ての広告は「パーセプションチェンジ」が可能である、ということになるのですが、積極的な意味でいうならば、パーセプションチェンジは、劇的な意識や認知の転換といったようなニュアンスを持った用語です。

広告は「パーセプションチェンジが全て」とよく言われています。要するに、とある広告を流した際に、その広告を見た対象者の意識に何らかの変化を起こすことができなかったならば、広告として存在しなかったことも同然である、ということです。

スポンサーリンク

とある商品のコマーシャルを作ることになった場合に、作成して流したのにも関わらず、その商品が全く売れなかったとしても、その広告を見た消費者の意識の中にそのブランドのイメージを作ることができたならば、ある意味ではパーセプションチェンジができたと言えるでしょう。

なぜなら、広告により全くその商品に対する意識がなかった人にそのブランドを意識させることに成功しているからです。

逆にいうと、その広告を見た消費者に対して少しの印象やイメージすら与えることのできない広告は、存在する意味がないということです。

当然のことではありますが、商品をプロモーションするときに使用する情報そのものには「ファクト(事実)」が存在するわけなので、そこの範囲を逸脱してしまう情報というのは広告として作ることはできませんが、ファクトを構成しているそれぞれの要素のどこにどのくらい比重をおいて、それぞれの属性に伝えていけばパーセプションチェンジを起こすために有効となるのかは、ターゲット分析によって導き出されることになります。

社会というものは、非常に多種多様な属性によって構成されているものです。そのことを真摯に理解することが、パーセプションチェンジを起こすためには大切なことです。そして、それぞれの属性の生活者に対して、伝えたいことを範囲内を逸脱することのないよう加工し、それを伝えていく努力と工夫が必要となります。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る