ピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果とは

ピグマリオン効果とは、心理学用語の一つで、アメリカの学者であるローゼンタールによって提唱されました。

ピグマリオン効果は、教師が期待することによって生徒の成長に影響を及ぼし、期待に応えようとした生徒の成績が向上するというもので、動物を使った実験のほか、人間を使っての実験も行われました。

ピグマリオン効果においては、教師が生徒に対してその才能を信じ、本気で期待することが前提となっており、期待や応援によって生徒は知らず知らずにうちに自分の実力を信じ、努力することになります。

この期待とは生徒に直接かける応援の言葉だけではなく、態度や視線も含まれるため、教師役は生徒に対して嘘いつわりなく期待をかける必要があります。

ピグマリオン効果の名称はギリシャ神話のピュグマリオン王から取られたもので、ピュグマリオン王の期待に応え、彫像が人間となった物語にちなんでいます。ピュグマリオン王の物語は、人の期待に対し、対象が期待に応えようとする事例の一つといえるでしょう。

ピグマリオン効果の別名としては、ローゼンタール効果や教師期待効果などがあり、教師側の期待を原動力として成長するこの効果と対照的に、期待されなかったことによる効果はゴーレム効果の名称で呼ばれます。

提唱者であるローゼンタールが行ったピグマリオン効果の実験については、その実験方法や確実性についての議論もあり、効果を否定する説も存在しています。一方でローゼンタールは教師と生徒による実験を行った際に、教師の態度や視線から感じる期待によって生徒の成績が向上したとしており、詳細は著作として発行されています。

このピグマリオン効果は学校における教師と生徒の関係だけではなく、一般の社会生活においても参考になる効果として生かされるものです。

多数の社員を抱え、上司や部下、同僚同士や取引先との人間関係が重要視される会社でも、学校と同様のシチュエーションにあるといえます。上司の期待による部下の成績向上などがその一例となっており、野球チームの監督と選手などもこの関係にあたります。

いずれも期待されることによって応えようと努力し、モチベーションを向上させることによって成績の上昇も見込まれるもので、人間関係において他者から寄せられる期待や信頼が、対象となった人物を形成するにあたり大きな影響を及ぼすことが判ります。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る