フラッシュモブ

フラッシュモブとは?フラッシュモブとは、インターネットの共有サイトでなぜこのような行為をする理由を書いて賛同を得た後に、場所と日時を指定してパフォーマンスをすることです。

例えば、喜ばせたい相手もしくは祝いたい相手がいるときに、不特定多数の人にインターネット上で参加を呼び掛け、指定した場所と日時に相手の目の前で、大勢の人によるサプライズパフォーマンスを行うことによって喜ばせるというものフラッシュモブの代表例です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初期のフラッシュモブでは、不特定多数が集まってパフォーマンスを行う為、当事者の満足度は高くても、周囲の人達にとっては迷惑行為と受け取られることもありました。そこで、最近では、周囲にとって迷惑行為にならないようパフォーマンスをする人数を事前に制限する配慮も進んできています。

また、これまでのフラッシュモブは、知人を喜ばせる為のサプライズ目的で行うことが多かったのですが、最近は少し形態が変化しています。

一つは政治的なデモの延長線上としてフラッシュモブを利用する場合、もう一つは災害被災者などを元気づけるためのボランティアパフォーマンスです。いずれも、特定の個人を喜ばせるものから、ダンスやパフォーマンスを通じて、周囲の人たちと関係性を築くものへと変わってきていると言えます。

スポンサーリンク

目の前で突然、大人数でのパフォーマンスが繰り広げられるフラッシュモブは、見る人に大きなインパクトを与えます。それだけに、特定の政治的な思想信条をアピールすることにではなく、純粋に不特定多数の人達を元気づけたり喜ばせるために使って欲しいものです。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  5. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る