マラトンの戦い|ギリシャ連合軍の勝因

マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因

マラトンの戦い|ギリシャ連合軍の勝因今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。アテネ北東のマラトンで、ペルシャ帝国対ギリシャ連合軍(アテナイ・プラタイア連合軍)の戦いが行われました。これが、有名なマラトンの戦いです。

地中海を越えギリシャへ侵攻してきたのは、広大な領土を有する大帝国ペルシャの軍隊 2万5千人(一説には2万弱)。大王と呼ばれたダリウス一世に派遣された遠征軍です。迎え撃つギリシャ連合軍は、都市国家アテナイからの 9千人と弱小都市国家プラタイアからの 600人、合わせてたったの 9600人でペルシャ帝国軍を迎え撃つことになります。

しかし、マラトンの戦いで勝ったのは、戦力で劣るギリシャ軍の方でした。

大勝利を伝えようと、マラトンからアテナイまで46キロの道のりを重装備のまま駆け、市民に「我ら勝てり」と伝えて絶命した兵士の故事は、陸上競技マラソンの語源として有名です。

でも、2倍以上の兵員数を誇る大帝国の軍隊に、都市国家であるギリシャ軍(アテナイ・プラタイア連合軍)が勝てた勝因は何だったのでしょうか?

ペルシア軍の構成は、軽装歩兵・重装歩兵・騎兵。当時の陸戦の定番部隊です。これに対し、ギリシャ連合軍はほぼ全軍を重装歩兵にしてしまいます。これを行ったのはアテナイ軍のミルティアデスという将軍でした。

何事につけ民主的なアテナイでは、10人の将軍が総指揮官となり日替わりで指揮をとる交代制を採用していました。戦争という特殊な状況下ではどう考えても非効率的ですが、マラトンの戦いではこの方式が幸いしました。

もともと連合軍を指揮していた将軍たちは、敵の大軍に自分たちだけでは勝てないと考え「スパルタからの援軍を待とう」という意見が強かったのです。

しかし、ミルティアデスは主戦論を押し通し、自分に総指揮官の順番が回ってくると、ほぼ全軍を重装歩兵でかためて総攻撃に踏み切ります。

ペルシャ軍の戦い方を熟知していたミルティアデスは、敵陣の備えの薄いところを狙って重装歩兵で奇襲攻撃をかけていきました。
記録によると、

スポンサーリンク
  • 敵陣まで1キロ以上を一気に駆け抜けた
  • 弓の射程距離までゆっくり接近し、突然走り出しペルシャ軍を驚かせた
  • ペルシャ軍が行軍してきたところに突撃した

などの奇襲を行ったと言われています。

これらの奇襲が効いたのか、弓や槍の遠距離武器をかいくぐってペルシャ軍の懐に飛び込むと、ギリシャ連合軍の重装歩兵が威力を発揮します。

海を渡って遠征してきたペルシャ軍に比べ、ギリシャ連合軍が闘うのは自分の土地や家族を守るためで、捨て身になり死力を尽くすギリシャの重装歩兵の前に、ペルシャの大軍は総崩れとなり潰走します。

この戦いで、ギリシア連合軍の死者はわずか192人。対するペルシア軍は6400人の死者を出し、艦艇7隻が拿捕されました。

マラトンの戦いでのギリシャ連合軍の勝因ですが、上記の奇策以外に、敵軍のペルシャ帝国軍が長距離を遠征してきた疲労、土地勘のない土地での戦闘による不利など、いくつか考えられます。しかし一番大きいのは、戦いに対するモチベーションの違いでしょう。

ダリウス大王の領土拡大の野望のために戦うペルシャ兵に対し、一方のギリシャ兵が戦うのは「自分たちのため」です。自分や家族の生活を守れるかは己の働きにかかっています。敵はすでに自国の至近にいて、マラトンの戦いで負けることになれば後がないのです。

祖国存亡の危機に、兵士一人一人が死力を尽くして戦ったことがアテナイを勝利に導きました。アテナイ軍の勝因とは「故郷と自らの自由を守ろうとする兵士たちの心」にあったと思うのです。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…
  3. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月に韓信率いる劉邦軍と陳余率いる趙軍が現在の河北…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る