メディアの「報道の自由」乱用と“第四の権力”の終焉

メディアの「報道の自由」乱用と“第四の権力”の終焉

「報道の自由」と「報道の原則」

新聞やテレビなどのメディアやジャーナリストたちが、報道の自由や表現の自由を訴える姿をよく目にします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しかし、報道の自由とは無条件で与えられるものではありません。あくまで国民の知る権利に支えられた自由です。そのため、報道する上では、事実を報道することが求められます。憶測や推測を含む記事は、信憑性が失われ、国民の知る権利を阻害することになるからです。

だからこそ、報道機関は、常に中立公正に取材をし、裏付けを取った上で確信を持った“事実”のみを報道する「報道の原則」が守らなくてはなりません。

この当たり前の「報道の原則」が、最近のメディアでは失われてきています。そこで、今回は、メディアの「報道の自由」乱用により、第四の権力としてのメディアが終焉しようとしている現状について触れてみることにします。

スポンサーリンク

崩れる「報道の原則」

個人的に、これまで特定秘密保護法、安保法案、東京都知事選、森友学園、そして加計学園について新聞・テレビの報道を意識して見てきて、気になることがあれば、自分で調べてみる習慣付けをしてきました。

そうする中で見えてきたのは、テレビや新聞などのメディア自体が主義主張を持ち、自分達から見た都合の良い「真実」を押し付けようとしている姿でした。

自社にとって都合の良い部分だけを切り取り、レッテル貼りや憶測記事、「報道しない自由」を使った偏向報道などが横行し、急激にエスカレートしているように見えます。

例えば、安倍首相が国会議員になりたての24年前に加計学園の監査役を数年務め、年14万円の報酬を得ていた話がありましたが、

加計学園問題で新事実、首相 過去に報酬「年14万円」

のように伝えた大手メディアが多数ありました。加計学園の獣医学部設置と24年前の年14万が関係するかのような見出しですが、私には、24年前のことが加計学園の獣医学部設置にどう関係してくるのか、全く理解できません。

既存の報道機関のワイドショー化が急速に進み、公正中立な取材をして事実を伝える「報道の原則」が希薄になってきています。

特定秘密保護法反対!安保法案反対!共謀罪反対!森友学園や加計学園では安倍首相への“忖度”があった!という前提での報道は「報道の原則」を踏まえておらず、こうなると、もはや報道ではなく扇動と言った方が良さそうです。

「第四の権力」の終焉へ

一般論として、権利と義務は一対のものです。

「報道の自由」は事実を伝える「報道の原則」を守ることで成り立っている訳で、「報道の原則」が抜け落ちてしまえば報道機関は「煽動機関」となってしまいます。

報道(メディア)のことを指して、行政・立法・司法に次ぐ「第四の権力」と言いますが、行政・立法の情報開示が進み、インターネットの発達で誰もが様々な情報を入手できるようになってきた現在、メディアがこのまま「煽動機関」の道を進むのであれば、「第四の権力」は遠からず終焉することでしょう。

新聞やテレビが報道機関を名乗るのであれば、自らが考える「真実」を押し付けようとするのではなく、事実をありのままに伝える原点に戻ることをお勧めします。

ふと思ったのですが、「脛に傷を持つ(やましいことがある)」という諺がありますが、共謀罪で「捜査機関の乱用」を懸念するメディアと自らの都合のいいシナリオを作り、自らが考える真実を押し付け「報道の自由を乱用」するメディアが被って見えるのは私だけでしょうか?

 

メディアについてのあなたの意見を教えてください

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る