ホームページのライティングとSEOは切り離せない

ホームページのライティングとSEOは切り離せない既存ホームページへのSEO対策のご依頼をよくいただきますが、お断りせざるを得ない場合がほとんどです。

今回は、その理由となる「ホームページのライティングとSEO」の関係について触れてみましょう。

既存のホームページにSEO対策を施せば、キーワードの検索順位は上昇すると思っている方が多いのですが、ネット検索で上位表示させるには、ホームページの本文自体の内容も重要なファクターです。

単純に元々の検索順位より少しでも上位に表示すればいいのであれば、ページ本文の内容は関係ありません。しかし、アクセスを増やし集客をしていくという目的でSEO対策を考えるのであれば、少なくとも検索順位5位以内というレベルが求められますから、ホームページの本文の内容がSEO対策に沿ったものであることが必要です。

例えば、ページ内に存在しないキーワードについて、いくら強めにSEO対策を行ったとしても、上位表示はできません。SEO対策を行うキーワードが当該ページの本文中に少なくとも1〜2回は出現する必要があります。

スポンサーリンク

しかしながら、既存のホームページは、ほとんどがSEOを意識したライティングになっていません。かといって、ページ内容は元々校正を重ねて作り上げられているものですから、SEO対策を優先するとの理由で勝手にリライト(書き直し)することもできません。

これでは、SEO対策を施しても満足できる結果になりませんから、お断りするということになってしまうわけです。

ちなみに、これは既存ホームページへのSEO対策だけの話ではありません。新規に制作するホームページを制作する場合も、100%お客様側で原稿を準備し、ライティングの自由度が全くない状態でも同じことが言えます。

もし、御社がホームページを使ってSEOで集客をしたいとお考えなら、やはり、本文の内容をライティングする段階から、SEO対策会社がホームページ制作に参画し、SEOを組み立てていくべきです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る