リテンションとは?リテンションとは、本来「維持、保持」という意味で、リテンション効果は、人事領域で使用される「人材の維持」の効果や、マーケティング領域で使用される「既存顧客維持」の効果を指します。

人事的なリテンションとは、必要な人材や、優秀な社員を企業内に留める為の施策のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

若手社員の早期退職を抑制することも、リテンションの目的の1つとされていて、働きやすい環境作りに力をいれることが求められています。

人事的なリテンションは、「金銭的報酬」と「非金銭的報酬」に大別出来ます。

「金銭的報酬」は、各人に応じた給与を保証し、成果主義により多くの成果を上げる優秀な社員が、高報酬を得るというものです。しかし、プライベートの時間を大切したいと感じる労働者が増加していることもあり、多くの企業は高報酬を約束しても、人材流出を食い止めるのが難しい現状になっています。

スポンサーリンク

こういった状況を踏まえて、リテンション効果を上げる上で最も重要なのは「非金銭的報酬」と言えるでしょう。

転職する人の多くは、高報酬を得るために転職しているとは限りません。どちらかといえば、仕事のやりがいや、専門的スキルが向上できる職場を求めています。モチベーションや、ロイヤルティーを高めることを重視している社員が多いということです。

自分の仕事が周囲に認められ、評価されることもモチベーションを大きく向上させます。あるいは、福利厚生が充実していて、働く価値を見出せている企業を求めて転職を考えています。

それに対応するリテンションとして、社内コミニュケーションの活性化に努め、待遇改善にも力を注いでいたり、職場の環境等を見直す会社も増えてきています。

一方、マーケティングに於けるリテンションとは、既存顧客との関係を維持していくという意味です。

リピーターを増やすことが効率的な集客手段ということはよく知られており、そういった観点で様々なマーケティング活動が行なわれています。

詳しくは、個別のマーケティング手法の説明に譲ります(個別のマーケティング手法については、マーケティング用語をご参照ください)が、既存顧客のニーズを吸収しながら、商品やサービスを開発し、既存顧客との接点を増やすことが、マーケティング的なリテンションと言えるでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る