一意専心(いちいせんしん)

故事成語

一意専心(いちいせんしん)

一意専心(いちいせんしん)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「一意専心(いちいせんしん)」

という中国の古書「管子」の言葉に由来する故事成語です。「管子」とは、春秋時代に斉の国で活躍した政治家 管仲のことを後世の人がまとめた書です。

スポンサーリンク

「一意専心」とは

「一意専心」とは、

他のことを考えず、一つのことだけに気持ちを集中する」ことです。

管子の中にある「四体既に正しく、血気既に静かにして、意を一にし心を専らにし、耳目、淫せざれば、遠しといえども近きが若し(体が健全で、体内の血気が静かで、一つのことだけに気持ちを集中し、耳や目の感覚が乱されなければ、遠くにあるものでも近くにあるもののように得ることができる)」という言葉が「一意専心」の出典と言われています。

目の前のことに「一意専心」することは、簡単そうに見えて難しく、体調・精神状態をしっかりと整えた状態にしておかないと、いろいろなことに気が向いてしまいがちです。

「一意専心」の重要性は、会社の経営者を見ていてもよくわかります。

常に興味がコロコロ変わって、会う度にやっていることが変わる経営者の会社よりも、一つのことを常に突き詰めていっている経営者の会社の方が安定感があり、長続きしているのは言うまでもありません。

視野を広くして興味を持つことも必要ですが、見つけた「ネタ」をビジネスに昇華させるには突き詰めていく過程が必ず必要です。

企業としてもビジネスマン個人としても「一意専心」を意識して仕事に臨むことは重要なことと言えるでしょう。

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る