七計:戦いの勝敗を決める7つの基本条件|孫子の兵法

孫子の兵法

七計:戦いの勝敗を決める7つの基本条件|孫子の兵法

孫子の七計

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子が挙げた「七計:戦いの勝敗を決める7つの基本条件」という言葉を見てみることにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これを校ぶる(くらぶる)に計を以てして、其の情を索む(もとむ)。
曰く、主、孰れか(いずれか)有道なる、将、孰れか有能なる、天地、孰れか得たる、法令、孰れか行わる、兵衆、孰れか強き、士卒(しそつ)、孰れか練いたる(ならいたる)、賞罰、孰れか明らかなると。
吾(われ)、此れを以て勝負を知る。

が「七計」に関するくだりで、現代語訳にすると、

7つの基本条件をもって、自国と敵国の力量を比べてその優劣を求めるのである。
どちらの君主の政治が良いのか
どちらの将軍が有能なのか
どちらの国が天の時と地の利を得ているのか
どちらの法が公正に執行されているか
どちらの軍隊がより強いのか
どちらの兵士がより訓練されているのか
どちらの賞罰が公正に行われているのか
私は、この「7つの基本条件」で勝負がどうなるかを知るのである。

という意味になります。

五事」は絶対的な戦力を知る項目でしたが、この「七計」は敵対する相手との戦力(国力)比較をするための項目です。この七計で敵より優っていれば勝つ可能性が非常に高いと言えます。

この「七計」は現代のビジネスシーンでも同様で、例えば、

  1. どちらの経営者の経営が良いのか
  2. どちらの役員が有能なのか
  3. どちらが外部環境やマーケット環境に合致しているか
  4. どちらが規律正しい会社か
  5. どちらの営業力・開発力が強いのか
  6. どちらの組織力が強いのか
  7. どちらの社員の待遇が良いか

のように読み替えると、競合他社との力量を比較できると思います。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
ページ上部へ戻る