三方ヶ原の戦い|武田信玄の勝因

三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因

三方ヶ原の戦い|武田信玄の勝因三方ヶ原の戦いとは、1573年1月25日に、現在の静岡県浜松市北区三方原町(旧遠江国敷知郡三方ヶ原)で起きた、徳川家康・織田信長連合軍と武田信玄の間に勃発した戦いです。

三方ヶ原の戦いは室町幕府第15代将軍である足利義昭の出した織田信長討伐令(第二次信長包囲網)に武田信玄が応えて起こったとされています。これにより武田軍は遠江国や三河国、美濃国への侵攻を始めましたが、この三方ヶ原の戦いにおいて、武田信玄は、徳川・織田の連合軍に対して圧勝することになります。

それでは、三方ヶ原の戦いにおける武田信玄の勝因はどこにあるのでしょうか。

武田信玄の勝因にはいくつか理由がありますが、まずは兵力の差が挙げられます。

総勢30000人の武田軍の軍勢に対し、迎え撃つ徳川軍は最大でも15000人程度しか用意できなかったのです。実は、30000人という数は、武田信玄の用意できる最大の兵力でした。普通は自分の領土を周辺の勢力から守るために、幾らかの軍勢は残しておくものですが、当時、武田信玄にはその必要がありませんでした。自分の領地の近くにあった最も脅威に感じていた北条氏との間にかつてあった、甲相同盟というものを復活させ、自らの治める甲斐国が侵略される危険性を排除できていたからです。

さらに武田信玄の率いる本隊が遠江国へ侵攻する一方で、別動隊の山県昌景が信濃国から三河国へ攻め入っていました。

そのために徳川家康が武田信玄と相対し、遠江国を防衛するために準備できた兵力はわずかに8000人程度しかなかったとされています。これでは戦いにならないと考えた徳川家康は、盟友の織田信長に援軍を要請しましたが、思うようにはなりませんでした。

織田信長の方も、足利義昭が出した討伐令に応える形をとった近畿地方の他の勢力への対応に忙殺されていたからです。

兵力に大きな差があった武田信玄軍と徳川家康軍の間で、その勢いの差は色濃く現れていました。通常であれば、小さな城であっても陥落させるのには1ヶ月を要するとされています。しかしながら兵力と勢いに任せた侵攻により、武田信玄は平均三日という、驚異的なスピードで攻め入ったのです。

スポンサーリンク

徳川家康にとって、武田信玄軍の侵攻スピードの速さは大きな誤算でした。自分との直接対決までまだ間があると思っていた相手が、予想以上のスピードで迫ってきたからです。

しかし、なんとか三方ヶ原の戦いまでに、織田信長の援軍(この援軍の兵力については諸説あり、3000〜20000まで大きな差があります)が間に合ったのですが、その援軍を合わせても、武田信玄が率いる本隊との兵力に比べて不利でした。

徳川家康としては、浜松城に籠城して時間を稼ぐのが最善の策だったと思われますが、そうさせないように武田信玄も策を講じます。武田軍の本隊が浜松城を素通りして、その先にある堀江城を目指しているかのように徳川家康を欺いたのです。

そして、武田信玄の本隊を背後から襲えば勝機が見えると考えた徳川家康は、武田信玄の策に見事にはまり、自らは討ち死に寸前にまで追い詰められ、多くの武将や兵士を失う大敗を喫してしまったのです。

武田信玄の勝因をまとめてみると、

  1. 徳川軍を上回る兵力を動員した
  2. 自らは後背の憂いがなく、織田・徳川軍は周囲を敵に囲まれた最良のタイミングで攻め込んだ
  3. 徳川家康の予測を超えるスピードで進軍した
  4. 籠城を考えていた徳川軍に対し、隙を見せて野戦に引きずり出した

などが挙げられます。

こう見ると、三方ヶ原の戦いでの武田信玄の勝利は、勝つべくして勝った戦いだったと言えるでしょう。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…
  3. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る