事業ポートフォリオとは?事業ポートフォリオとは、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントのことであり、それぞれの頭文字の組み合わせでPPMとも呼ばれているものです。

1970年代に経営コンサルタント会社で有名なボストン・コンサルティング・グループが提唱したもので、日本でも多くの企業がこの考え方を受け入れ活用した、経営のためのフレームワークです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事業ポートフォリオについて、今は、それほど話題に上がることはなくなっていますが、複数の事業を持つ企業などにとっては、とても大事な考え方が入っているので、常に頭に入れておく必要があるものと言ってよいでしょう。

いくかの事業を持っている企業では、どの事業でどのくらいの利益を生み出せるか、投資はどの事業に重点配分するか、経営資源の集中や選択といったことが、企業の命運を左右しますが、事業ポートフォリオ(PPM)は、その判断にも重要な役割を果たします。

事業ポートフォリオでは、「市場の成長率」と「市場のシェア」を基本的な二つの要素として位置づけ、この二軸のマトリクスで分析し、打つ手を決めていきます。

スポンサーリンク

まず、市場成長率ですが、成長市場はどの企業にも魅力的であり、参入の価値があるという位置づけになります。一定の市場シェアを持っていれば売上も右肩上がりになります。しかし、競争が激しくなることも必然で、こうしたことを意味しています。

もう一つの市場シェアですが、大きなシェアを占めていれば、経験もあり、作業効率も良く、生産効率も良く、利益を生み出しやすいということがあります。コストも大量生産で下がりますので、スケールメリットも大きいということを意味します。

そして、この二つの基軸で作られるマトリクスは、四象限になるわけであり、それぞれの意味が出てきます。

成長率が高く、シュアも高い象限は、花形(STAR)と呼ばれ、継続して投資し、金の生る木を目指すところです。成長率は高いがシェアは低い象限は問題児(QUESTION MARK)と呼ばれ、市場シェアを高めて花形になることを目指すところです。成長率もシェアも低いところは負け犬(DOG)と呼ばれ、出来るだけ早い時期に整然と撤退することを検討するところです。成長率は低いがシェアは高い象限は金の成る木と呼ばれ、継続して利益を生み出し、そこで得た資金を問題児に投入したり、花形につぎ込んで、企業全体の安定基盤を築き、成長にための布石を打つことなどにも貢献する重要な位置づけとなっています。

つまり、事業ポートフォリオは、企業全体の事業のそれぞれの位置づけを明確にして、さらに資金の流れを明確にするためにも有効なフレームワークということができます。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る