仮痴不癲 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

仮痴不癲 〜 兵法三十六計

仮痴不癲(かちふてん)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第二十七計

「仮痴不癲(かちふてん)」

です。

スポンサーリンク

「仮痴不癲(かちふてん)」とは

「仮痴不癲(かちふてん)」とは、
愚鈍を装って相手に警戒心を持たせず、時期の到来を待って行動する」計略で、「仮痴」とは知らぬふりをすること、「不癲」とはむやみに動き回らず平静でいることを指します。

「仮痴不癲」の話

中国の三国時代、魏の司馬懿は、蜀の孔明からの度重なる挑発にも乗らず、蜀軍の北伐から国を守りました。

孔明の死後、魏の兵権を掌握した司馬懿ですが、宗室の筆頭格であった曹爽と対立し、曹爽は司馬懿を名誉職に祭り上げて兵権を取り上げようとしました。そこで、司馬懿は外部との交流を断って自邸に引きこもって重篤な病気であるかのように振る舞い、油断をした曹爽が都を留守にした隙に、クーデターを起こして兵権を掌握し、曹爽一派の排除に成功しました。

そしてその後、司馬懿は皇帝をしのぐ権勢を得て、孫の司馬炎が禅譲を受ける土台を作り上げていくことになります。

聡明に見せて動き回るばかりが正しい選択ではありません。時期が自らに向いていない時は、動き回るのではなく、周囲から警戒心を持たれないように振る舞い、時期が来るのを静かに待つことも大切です。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る