兵を知る者は動いて迷わず|孫子の兵法

孫子の兵法

兵を知る者は動いて迷わず|孫子の兵法

兵を知る者は動いて迷わず

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「兵を知る者は動いて迷わず」という言葉を見てみることにしましょう。

兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず。
故に曰わく、彼れを知り己れを知れば、勝、乃ち殆うからず。
天を知りて地を知れば、勝、乃ち窮まらず。

が「兵を知る者は動いて迷わず」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
兵法を知る者は、事前の情報をすべて把握して動いているから、行動してから迷いが無く、戦いが始まってから苦境に立たされることがない。だから言うのだ。敵味方の状況をよく把握している者は負けることはないし、天候と地形の利を得て戦う者は常に不敗だと。

という意味になります。

このくだりの直前で、孫子は、味方の実力を知らないで戦う者は五分五分の勝敗、敵の実力を知らないで戦う者も五分五分の勝敗だと説いています。

ライバルと戦うのであれば、味方の実力・相手の実力をしっかりと把握・分析した方が勝ちを収めます。正しく彼我の力が分析できていれば、味方が敵を上回っている場合は、自信を持って倒しにかかりますし、相手に劣っているとわかった場合は、自らの実力が相手を上回るまで正面きっての戦いを避けることになります。

敵味方の力を正しく把握することによって、「兵を知る者は動いて迷わず」のように自信を持って行動でき、危なげなく戦いを進めることができるのです。

御社は自社の実力を正しく把握していますか?ライバル社の状況を正しく把握していますか?

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る