利に合して動き、利に合せずして止む|孫子の兵法

孫子の兵法

利に合して動き、利に合せずして止む|孫子の兵法

利に合して動き、利に合せずして止む

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「利に合して動き、利に合せずして止む」という言葉を見てみることにしましょう。

主は怒りを以って師を興こすべからず。
将は慍りを以って戦いを致すべからず。
利に合して動き、利に合わせずして止む。
怒りは以って喜ぶべく、慍りは以って悦ぶべし。

が「利に合して動き、利に合せずして止む」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
君主は一時の怒りで戦争を起こしてはならず、将軍は一時の憤りで戦いを始めてはならない。有利であれば行動し、不利であれば中止するべきだ。怒りの感情も、憤りの感情も時間が経てば落ち着くものである。

という意味になります。

「利に合して動き、利に合せずして止む」では、一時の感情に左右されず、有利か不利かの情勢分析によって、戦いを挑むべきかどうかを判断すべき、と孫子は言っています。

いざ戦いを始めるとなると、負ければ大きな痛手を負うだけでなく、場合によっては存亡に関わってきます。現在でも、ライバル企業に戦いを挑む場合、冷静に彼我の“戦力”を分析し、勝算を持った上で仕掛けるべきでしょう。個人的な感情、特に「怒り」の感情は、冷静な判断を曇らせるということを忘れてはいけません。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る