前川喜平氏とは?

前川喜平氏とは?

前川喜平氏は君子?英雄?

出会い系バーに頻繁に通い“貧困調査”をしていた前川喜平氏のことを正しいことをしていたかのように扱う報道を見かけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

例えば、官房長官による記者会見で

東京新聞の望月記者が「出会い系バーに官房長官も足を運んで、(少女の貧困について)どういう実情が背景にあるのかということを知ることも必要ではないか」

と耳を疑うような質問をしていました。

スポンサーリンク

前川喜平氏は政権に一人で反旗を翻した“英雄”であるかのようなように捉えている報道が多いのですが、実際のところは「文科省の事務方トップにもかかわらず、長年、売春や援助交際の場と言われる出会い系バーに通って女性にお小遣いを渡していた、女性しか興味ない人」で、それ以上でもそれ以下でもないと思った方が良いでしょう。

前川喜平氏はどんな人?

そもそも、前川喜平氏は「文部科学省の天下り事件」において、文部官僚の天下りに関与し、表面化した後は隠蔽し、違法行為で懲戒処分となった人です。

前川喜平氏は職務上知り得た人事情報を天下りの受け入れ先へ渡す役割を担っており、「文部科学省の天下り事件」の主な構成要員の一人でした。国家公務員法では現役職員による再就職の斡旋を禁じていますので、違法行為を教育を司る文部科学省の事務方トップが行なっていたことになります。

さらに前川喜平氏は、天下りだけではなく、天下り受け入れ先の大学に対して補助金をつける手法で “国庫を文部科学省ムラで私物化した” 当事者の一人でもあることを忘れてはいけません。

文科省の組織内部から見ると、便宜を図ってくれる良き上司としての評価もあるかもしれませんが、前川喜平氏は公務員だったわけです。

一般の国民から見ると、私生活では売春や援助交際の場と言われる出会い系バーに通い、公務では “国庫を文部科学省ムラで私物化” してきた前川喜平氏が “英雄” や “君子” 扱いされるのか全く理解に苦しむとしか言いようがありませんし、違法行為を行ってきた人の発言を取り上げて動く「有象無象」が不思議でなりません。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る