加計学園〜民進党玉木議員「獣医師会 献金口利き」で大ブーメラン

加計学園〜民進党玉木議員「獣医師会 献金口利き」で大ブーメラン加計学園問題の国会での追求は、民進党の玉木雄一郎 衆議院議員(香川県選出)から始まりました。

このことについては、民進党の玉木議員が、加計学園の獣医学部新設で、なぜ執拗に国会やメディアで取り上げているのか、少々気になっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当初、玉木議員が「共謀罪」法案の廃案や安倍政権の打倒を狙ったものかと思っていましたが、加計学園 獣医学部新設までの経緯を調べていく上で、設立や国家戦略特区認定の経緯に違法性や瑕疵はなく、また、民主党(現 民進党)の江田五月最高顧問や高井たかし議員の働きかけで動き出した事案であったことを知り、「何か他の目的があるのでは?」と感じました。

そもそも、加計学園 獣医学部新設については、誘致した愛媛県の今治市と加計学園は相思相愛であったにもかかわらず、具体的な話が出てから約10年間を要したのには、日本獣医師会と文科省の抵抗があったからだと言われています。

また、獣医学部の偏在(西日本に少なく四国にはない)や獣医の偏り(ペット獣医は十分足りているが、家畜の獣医は不足している)が長年指摘されていたにもかかわらず、半世紀近く獣医学部の新設がなされていない状況も、既得権を守りたい日本獣医師会が圧力を掛けた結果と思われます。

スポンサーリンク

そんな中で加計学園問題を追及する民進党の玉木雄一郎議員でしたが、日本獣医師会絡みでの献金口利き問題が表面化しました。

実は、民進党の玉木議員は、獣医師の家に生まれており、父親の玉木一将氏は、公益社団法人 香川県獣医師会の副会長を務めています。また、玉木議員自身も国会議員として獣医師問題議員連盟の事務局長として活動を行っています。

そんな経歴もあり、民進党の玉木雄一郎議員は、日本獣医師会にとっては有力議員だったようです。

民進 玉木議員へ日本獣医師会関連団体から100万円の献金

玉木議員が代表者を務める政治団体「雄志会」の収支報告書によると、日本獣医師政治連盟から100万円の寄付がなされています。日本獣医師政治連盟の代表者である山根義久氏は、当時の日本獣医師会の会長でもあるので、実質的には日本獣医師会から玉木議員への献金と言えます。

その時の政治資金収支報告書が以下のものです。

加計学園〜民進党玉木議員「獣医師会 献金口利き」で大ブーメラン

加計学園〜民進党玉木議員「獣医師会 献金口利き」で大ブーメラン

ここまで来ると、玉木議員は日本獣医師会の意向を「忖度」して、加計学園の獣医学部新設を追求しているレベルではなくなってきます。寄付を自らの政治団体に受けているわけですから、日本獣医師会のために加計学園の獣医学部新設について国会で追求したとすれば、立派な「献金口利き問題」と言えます。

ここでのポイントは「日本獣医師会のために、加計学園の獣医学部新設の阻止に動いているか?」ですが、決定的な “動かぬ証拠” が出てしまいました。

民進 玉木議員、日本獣医師会総会で特区認定阻止に言及

民進党の “獣医師族” とも言える玉木議員ですが、毎年、日本獣医師会総会へ来賓として呼ばれています。そして、“動かぬ証拠” は2015年の日本獣医師会総会で生まれました。

第72回 日本獣医師会 通常総会

日時:2015年 6月22日
場所:明治記念館 2階「蓬莱の間」

民主党獣医師問題議員連盟事務局長
玉木雄一郎衆議院議員

皆さま、こんにちは。
ただいま紹介いただきました衆議院議員の玉木雄一郎です.

私も毎年お招きをいただいており感謝を申し上げますが,父も獣医師,弟も獣医師、私だけできが悪かったので政治家になったということでして,今日はお招きをいただき,仲間の一人に加えていただきまして本当にうれしく存じます.

もう長く話しませんけれども,先ほど,与党の先生方からも話がありました。私は今一番心配しているのは,この特区の話でありまして,特区の問題は四国の、実は問題でもありまして,私は香川県の出身でありますので,この特区問題については従来より心配をしておりましたが,斉藤先生もライオンの乳を飲むがごとくとおっしゃったので,大丈夫かなと思いますが,このような教育の分野,あるいは医療の分野は、そもそも特区として、地域の例外を作り、進めるべき話ではないと思います。

もし,おかしな方向に向かいそうになった際は,しっかりと止めることもわれわれの責任と思っておりますので,十分な監視もしていきたいと思っております。

以上の情報を整理すると、民進党の玉木議員は「日本獣医師会の関連団体から100万円の政治献金を受け、その見返りとして、加計学園の獣医学部新設について国会で追求した」という結論になります。

蓮舫代表が「内閣総辞職に値する」と言い、民進党が総力を挙げて安倍内閣退陣に追い込もうとしている「加計学園問題」が、玉木議員と日本獣医師会の献金口利き問題になるとは、民進党にとって最大級のブーメランとなりそうです。

個人的には、日々加計学園について報道しているテレビ局や朝日新聞や毎日新聞が、この献金口利き問題を取り上げて真相究明をするのかどうか、が気になるところです。

加計学園疑惑はあるのか?調べてみた・・・

加計学園 獣医学部開設 – 時系列まとめを見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る