労基署の臨検とは女性新入社員の過労死に揺れる電通に労基署(労働基準監督署)の「臨検」が入ったとのニュースがありました。今回は、この「臨検」について触れてみましょう。

そもそも「臨検」とは行政機関の司法警察員が法令が遵守されているか調査をするために、問題が起こっている事業所などに出向いて立ち入り調査することを指します。

「臨検」は今回の電通に入った労基署(労働基準監督署)の職員だけでなく、麻薬取締官や税関、海上保安庁、海上自衛隊、児童相談所などに認められています。臨検は基本的に事前連絡がなく、抜き打ちで行われますが、労基署の臨検の場合、大きな事案でもなければ、事前に労基署から連絡があり、必要書類の指示と日程調整後に臨検といったケースも多いようです。

今回の電通での過労死の件では「強制調査」と報道されていました通り、事前連絡がなく、臨検が行われたようです。

労基署の臨検は、基本的に法令が遵守されていないと思われる事案(告発)を受けて行われます。法令が遵守されていないと思われる事案とは、例えば、退職者が残業代などの賃金未払いで労働基準監督署に駆け込んで告発するようなケースです。そういった事案を受け、事実関係と労働関係の法令の遵守状況を調査に来るわけです。

スポンサーリンク

ちなみに臨検には協力しなければなりません。労基署監督官の臨検を拒んだり、虚偽の陳述をしたりすると、罰金が待っています。

労基署監督官の臨検が終わり、法令違反や改善すべき点が見つかった場合、労基署監督官から是正勧告や指導を受けます。法令違反があった場合は、是正勧告書が交付されて、是正期日までに法令違反を是正するように求められます。そして、会社側は法令違反を是正し、報告書を労基署に提出します。

是正勧告は、行政処分ではなく行政指導なので、労基署からの是正内容を行わなかったこと自体で罪に問われることはありません。しかし、その結果、再監督になったり、最悪は司法処分されることもあります。法令を遵守することは、企業としてのルールです。たまに是正勧告は是正義務ではないとうそぶく経営者を見ますが、世の中からブラック企業と認定されないよう労基署の臨検には真摯に対応すべきでしょう。

次は「電通に強制調査(臨検)〜女性新入社員過労死」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…
  3. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月に韓信率いる劉邦軍と陳余率いる趙軍が現在の河北…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る