北条時頼 最後の言葉〜辞世の句

辞世の句 最後の言葉

北条時頼 最後の言葉〜辞世の句「辞世の句」とは、人が死の間際に詠む漢詩・和歌・俳句などのことです。自分の人生を振り返り、この世に最後に残す言葉として、様々な教訓を私たちに与えてくれるといって良いでしょう。

古来より数えきれない辞世の句が残されてきましたが、今回は、北条時頼の最後の言葉として、北条時頼の辞世の句を紹介してみることにします。

北条時頼の最後

北条時頼は、鎌倉幕府の5代目の執権で、北条氏本家(得宗)の独裁体制を確立した人物として有名です。元寇を防いだ8代執権 北条時宗の父としても知られている北条時頼ですが、得宗専制体制を固めた後、1263年12月24日に病死しました。享年は36歳(数えで37歳)でした。

そんな北条時頼の辞世の句と言われているのが以下の句(漢詩)です。

北条時頼 辞世の句

「業鏡高く懸げ 三十七年 一槌にして打ち砕き 大道坦然たり」

この歌を現代文に訳すなら、

業を映し出す鏡を掲げて生きてきた37年であったが、今、その鏡を槌で打ちくだき、安らかな悟りの境地に達している。

といったところでしょうか。

死を前にした時、彼の頭の中を去来したのはなんだったのでしょう。この北条時頼の最後の言葉である辞世の句は、皆さんの心にどう響きましたか?

偉人の最後の言葉を見てみよう・・・

偉人の「辞世の句」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る