善く戦う者は、これに勢を求めて人に責めず|孫子の兵法

孫子の兵法

善く戦う者は、これに勢を求めて人に責めず|孫子の兵法「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子にある「善く戦う者は、これに勢を求めて人に責めず」という言葉を見てみることにしましょう。

善く戦う者は、これに勢を求めて人に責(もと)めず。
故に能く人を択びて勢に任ぜしむ。
勢に任ずる者は、其の人を戦わしむるや木石を転ずるが如し。
木石の性は、安ければ即ち静かに、危うければ即ち動き、方なれば即ち止まり、円なれば即ち行く。
故に善く人を戦わしむるの勢い、円石を千仞の山に転ずるが如くなる者は、勢なり。

が「善く戦う者は、これに勢を求めて人に責めず」のくだりですが、現代語訳にすると、

戦い上手な者は、勢いによって勝利を得ようと求め、個々人の力に頼らない。だから、人を上手に勢いのままに従わせることができる。そして、兵士たちは丸太や丸い石を転がすように勢いに乗って戦う。丸太や丸い石は、安置しておけば静かだが、傾斜しているところに置けば動き出し、四角い形であればじっとしているが、丸ければ転がっていく。勢いよく巧みに兵士を戦わせるのは、高い山から谷底へ丸い石を転がすようなもので、それが戦いの勢いというものだ。

という意味になります。

スポンサーリンク

人材不足の昨今、もう少し人材に恵まれたら会社の業績も上がるのに、と思っている中小企業の経営者は多いと思います。

私も含めて「善く戦う者は、これに勢を求めて人に責めず(戦い上手な者は、勢いによって勝利を得ようと求め、個々人の力に頼らない)」という言葉は耳の痛い言葉です。

もう少し人員がいればとか、もう少しできる人材がいたら、といったタラレバのことを考えるのではなく、今いる人員・人材を求心力によって勢いに乗せていくことを考えることからスタートすべきでしょう。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後期の戦いです。 第二次長州征伐…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、南北戦争における事実上の決戦となった戦いのことです。 この戦いは18…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る