声東撃西 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

声東撃西 〜 兵法三十六計

声東撃西(せいとうげきせい)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第六計

「声東撃西(せいとうげきせい)」

です。

スポンサーリンク

「声東撃西(せいとうげきせい)」とは

「声東撃西」とは、
東にいると見せかけ、実際は西を撃つという例えから「陽動によって相手の心理状態を撹乱し錯覚させ、混乱に乗じて勝利を収める」計略を指します。

「声東撃西」の話

【成功例】中国の後漢末、漢の朱儁が黄巾軍の守る宛城を包囲した際、城の西南側で軍鼓を鳴らして黄巾軍を誘い出し、反対の東方側を精鋭5,000で攻め、宛城を攻め取ることに成功しました。

【失敗例】中国の前漢時代、呉・楚などの王族七国が反乱を起こし、呉の兵が漢の将軍 周亜夫が守る城に攻め寄せました。周亜夫は城を堅守した為、呉軍は城の東南を攻めると見せかけて反対の西北側を攻めようとしましたが、落ち着いていた周亜夫は、その意図を見抜き、西北側の守りを固め、呉軍の主力の撃退に成功しました。

「声東撃西」は詭計(奇策)で「声東撃西」の策を使う場合は、相手を混乱させる必要があります。

その意味では、相手が混乱させることができる人なのかを見抜くことが成否を分ける大きなポイントになってきますし、逆に「声東撃西」を仕掛けられない為には、周囲で起こっていることに左右されず、常に冷静に判断を下すことが大切だと言えるでしょう。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る