多段抽出法とは?

多段抽出法とは

多段抽出法とは、情報を収集して活用するための統計法の一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

統計を出すために、一つのテーマに沿って不特定多数の人数に対してアンケートを取り、大多数を占めた意見から一つの結論を導くことを標本調査といいますが、不特定多数の人間の意見を集約する際、調査をしたり集約をするための人員が必要となります。

それが国や自治体の行く末を決める選挙ならいざ知らず、企業の商品の改良点を上げるようなデータでは、アンケートに対して多くの人員を割く余裕はないのが通常です。しかし、経営やマーケティングの方向性を決めるためには正確な情報が必要となることも多く、そこで生み出されたのが「多段抽出法」です。

全国規模の調査が必要で 2000人分の標本が必要な場合の例を見てみましょう。

スポンサーリンク

多段抽出法では、まず地域の絞り込みを行います。まず、全国の中から無作為に10の自治体を抽出します。さらに抽出した自治体の中から、さらに標本を絞り込みます。ここでは、町名・地域名で10の地域に絞り込むことにしましょう。それぞれの自治体から10の地域を無作為に選びます。

これで、10 × 10 = 100 の地域が抽出されました。この段階では、2段階の抽出がされており「2段階抽出法」と呼びますが、多段抽出法は、さらに標本抽出を行います。

次に、選ばれた100の地域の中に居住する人の中から各20人の対象者を無作為で選びます。100の地域で20人ずつ選ぶわけですから、これで 2000人の対象者の抽出が完了したことになります。

この多段抽出法では、標本抽出が簡単というだけでなく、アンケートの対象者の居住地が固まっているため、全国から無作為で抽出する方法に比べて、調査の手間やコストが大幅に軽減されるというメリットがあります。

ただ、多段抽出法も万能の統計方法ではありません。標本の絞り込み方法を誤ってしまうと、正しい結果が出ないため、正確な運用方法を確立しておく必要があります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る