大石内蔵助 最後の言葉〜辞世の句

辞世の句 最後の言葉

大石内蔵助 最後の言葉〜辞世の句「辞世の句」とは、人が死の間際に詠む漢詩・和歌・俳句などのことです。自分の人生を振り返り、この世に最後に残す言葉として、様々な教訓を私たちに与えてくれるといって良いでしょう。

古来より数えきれない辞世の句が残されてきましたが、今回は、大石内蔵助の最後の言葉として大石内蔵助の辞世の句を紹介してみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大石内蔵助(大石良雄)の最後

大石内蔵助(大石良雄)は「忠臣蔵」で有名な赤穂藩の筆頭家老です。主君である浅野長矩が江戸城内で刃傷事件を起こし、その責任を問われ、長矩に即日切腹ならびにお家断絶の沙汰が下ってしまいます。大石内蔵助は、筆頭家老としてお家再興を目指しますが果たせず、その後苦難の末に、主君の仇である吉良上野介の屋敷に討ち入り、本懐を果たしました。そして、1703年3月20日、幕府の命で切腹。享年44歳前後だと言われています。

そんな大石内蔵助の辞世の句と言われているのが以下の句です。

大石内蔵助 辞世の句

「あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし」

「極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人」

現代文に訳すなら、一句目は「思いを晴らして死んでいくのは、何と楽しいことよ。 見上げる月に雲がひとつもかかってないように、我が心は澄み切っている。」、二句目は「仇討ちを終えた四十七士は主君とともに阿弥陀如来の待つ極楽へ旅立ちます。」といったところでしょうか。

スポンサーリンク

大石内蔵助が死を前にした時、彼の頭の中を去来したのはなんだったのでしょう。この大石内蔵助の最後の言葉である辞世の句は、皆さんの心にどう響きましたか?

偉人の最後の言葉を見てみよう・・・

偉人の「辞世の句」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る