失望指数とは?

失望指数とは

失望指数とは、サービス産業生産性協議会が行っている顧客満足度の調査の一環で行われている感情指標の1つです。感情指数は感動指数と失望指数に分けられ、例えば、ブランドや企業の商品、サービスを利用した場合、がっかりした、いらいらした、苦痛に感じたなど5項目をそれぞれ10段階で評価したものが失望指数です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

失望指数が生まれた背景としては、サービスなどの面では満足しているものの、また次も利用するかというときにそこまでではなかったり、人にはおすすめしなかったりするケースが多いため、理由を掘り下げるときに考案されたものです。

例えば、レストランに足を運んだ場合、料理がおいしい、雰囲気が最高だったというプラス面を重視しがちですが、その手前にある予約を取る時の店員の態度が好きじゃない、子供がうるさいなどマイナスの面も考えられます。実際に感動したこと、失望したことを1回のアクションで経験する人はとても多く、感動だけ、失望だけに比べて多くなっています。また、失望があったのとなかったのでは満足度や人に薦める意欲などに大きな影響を与えます。満足度は高いが次にはつながらないという場合には、感動、失望そのいずれかに問題があるということになります。

感動と失望を分析する時に重要なのはどの部分に対して失望したのか、それとも感動したのかを知ることです。失望指数では、項目は5つあるため、どの感情が一番強いかによって、改善のやり方、アプローチが変わります。

スポンサーリンク

例えば、旅行に行った場合、思ったほどの観光地ではなかったとなれば、憤りが強くなるものか、それとも退屈なのかでずいぶん違います。スタッフ対応を巡り、退屈と感じる人はまずおらず、たいていは憤りが強くなるものです。こうした失望指数を細かく見ていくことにより、どの感情がとても強かったのかを知り、感動の部分からもアプローチしていくことが可能となります。

失望指数が少なければ少ないほど上位の扱いになりますが、実際に調査してみると通販会社が失望指標の少なさで上位を独占する傾向にあります。通販では、あらかじめ吟味し、自分のペースで購入するため、がっかりしたり、いらいらしたりすることは少ないと言えます。

一方、小売系はこうした指標で上位に来るのが難しいことが指摘されています。小売店では、しっかりとしたサービスが当たり前という感覚で利用するため、ちょっとしたミスすら失望につながりやすくなります。そういった場合、失望指数を分析していくことで、サービスの向上、質の改善が可能です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る