攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり|孫子の兵法

孫子の兵法

攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり|孫子の兵法

攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子にある「攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり」という言葉を見てみることにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

其の必ずおもむく所に出で、其の意わざる所におもむき、千里を行きて労れざる者は、無人の地を行けばなり。
攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり。
守りて必ず固き者は、其の攻めざる所を守ればなり。
故に善く攻むる者には、敵、其の守る所を知らず。
善く守る者には、敵、其の攻むる所を知らず。

が「攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり」のくだりですが、現代語訳にすると、

敵が行く所に必ず現れ、敵の思いもよらない所から攻撃し、遠い道のりを移動しても疲れないのは、敵のいない場所を行軍するからだ。攻撃して必ず奪取できるのは、敵の守っていない所を攻めるからだ。守って必ず守り抜くのは、敵の攻めてこない所を守るからだ。攻撃が巧みな者に対しては敵はどこを守ったらよいか分からず、守りが巧みな者には敵はどこを攻めたらよいか分からない。

という意味になります。

ヒト・モノ・カネなど様々なリソースが大企業に劣る中小企業においては、「相手が守っていない手薄なところを攻め、相手が全力で攻めてこないところを守る」といった“戦場設定”ができるかどうかが非常に重要になってきます。

「攻めて必ず取る者は、其の守らざる所を攻むればなり」という言葉は、

ビジネスにおいて、相手が強大でも、全商材・全エリアで圧倒的な強さを見せるわけではありません。相手の弱いところを見抜き、弱いところに対してリソースを一点集中することで、必勝の体制を構築することもできることを示唆しています。

現代のランチェスター戦略における「弱者の五大戦略」の一つである一点集中とも相通ずるものがあります。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る