故事成語

川越して宿を取れ

川越して宿を取れ

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「川越して宿を取れ(かわこしてやどをとれ) 」

という故事成語です。

「川越して宿を取れ(かわこしてやどをとれ) 」

という故事成語です。

「川越して宿を取れ」とは

「川越して宿を取れ」とは、
難しいことは後回しにしないで、先に片付けておくべきである」という意味です。

江戸時代には、幕府の政策によって大きな川には橋が掛けられてなく、旅人は人足の助けを借りて川を渡りましたが、大雨が降って増水するとすぐに川止めとなったと言います。川を越す前に宿を取って雨に降られると何日も足止めを食うことにもなるため、行けるうちに川を渡っておくべきだという故事から「川越して宿を取れ」という言葉が生まれました。

今週は余裕があるからと、仕事を先送りしていたら、急ぎの仕事が急遽発生して大変なことになってしまった経験は誰にでもあると思います。かくいう私も昔は簡単なことから着手して、ギリギリまで面倒そうな仕事は残していたので、随分痛い思いをした経験があります。独立して以降は、自分処理能力が収益に直結してきますので、時間が掛かることから優先して行うように心がけていますが・・・。

面倒だったり難しい仕事は、ついつい先送りにしがちですが、もし、あなたが仕事の能率を高めたいと悩んでいるなら「川越して宿を取れ」にあるようにできる時に優先してやる習慣をつけておくと仕事の処理能力を高めることができるようになると思いますよ。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る