故事成語

恒産なくして恒心あり

恒産なくして恒心あり(こうさんなくしてこうしんあり)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

恒産なくして恒心あり(こうさんなくしてこうしんあり)

という中国の有名な古書「孟子」が出典の故事成語です。

「恒産なくして恒心あり(こうさんなくしてこうしんあり)」とは

「恒産なくして恒心あり(こうさんなくしてこうしんあり)」とは、
「定まった財産や職業がなければ、正しい心を持つことができない」という意味の言葉です。

では、出典となった「孟子」の一節を見てみましょう。

孟子曰く、
恒産無くして恒心有る者は、惟だ士のみ能くするを為す。
民のごときは則ち恒産無ければ、因りて恒心無し。
苟しくも恒心無ければ、放辟邪侈、為さざる無きのみ。

とあり、現代文に訳すなら、

孟子が言った。
安定した収入がなくても常に正しい心を持つことは、学問教養のある人だけができる。
庶民は安定した収入がなければ、正しい心を持つことはない。
正しい心がなければ、皆、勝手気ままでしたい放題のことをするだろう。

といった感じになります。

「恒産なくして恒心あり」を現代の会社経営で考えるなら、安定した待遇で雇用しない会社は、優れた人材を生み出すことができないということになるでしょう。

社員に対する不平不満を口にする経営者をたまに見かけますが、自らが社員のロイヤルティを高めるような雇用条件を提供しているのかと聞きたくなることもあります。皆さんの会社は「恒産なくして恒心あり」を意識していますか?

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る