故事成語

悪事千里を走る

悪事千里を走る(あくじせんりをはしる)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

悪事千里を走る(あくじせんりをはしる)

という中国の古書「北夢瑣言」が出典の故事成語です。

スポンサーリンク

「悪事千里を走る」とは

「悪事千里を走る」とは、
悪い行ないや悪い評判、悪い噂はすぐに世間に知れ渡る」という意味です。

ちなみに出典となった「北夢瑣言」の一節を見てみると、

好事門を出でず、悪事千里を行く

とあり、現代文に訳すなら、

良い行いは、なかなか世間に知れ渡らないが、悪い行ないはすぐに世間に知れ渡る

といった感じになります。

「悪事千里を走る」といえば、英語でも「Bad news travels fast.(悪い噂はすぐ広まる)」ということわざがあるように、洋の東西を問わないようです。

経営者になって「悪いことはできないものだ」とつくづく思います。悪いことに手を出した人を何人か見てきましたが、すぐに周囲にばれますし、経営者同士の間であっという間に伝わり、その事を知らぬは本人だけといった状態になっていきます。

その結果、それまでいた友とは疎遠になり、悪い人脈の中で悪事の再生産を行なっていくという悪いスパイラルが始まってしまいます。

会社を経営する中で、苦境は何度もあり、甘い誘惑も何度もあります。その中でも心を強く持ち、悪事には手を染めないという覚悟を守り通して愚直に自社の経営を行なっていくことが、結果として企業の存続につながっていくのではないでしょうか。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る