按図索駿(あんずさくしゅん)

故事成語

按図索駿(あんずさくしゅん)

按図索駿(あんずさくしゅん)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの行動や名言を「故事成語」として伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「按図索駿(あんずさくしゅん)」

という中国の古書「漢書」から伝わる故事成語です。

スポンサーリンク

「按図索駿」とは

按図索駿」とは、

生きた実物の馬を知らないで、絵や書物による知識に頼って駿馬を探し求めるように「実際の役に立たない知識や行動のこと」を指します。

「按図索駿」の類義語としては「机上の空論」があります。

私自身、Webマーケターという職業柄、集客をお考えの方々とお話ししますが、目の前で起きていることを信じようとせず、誰から聞いたかわからない都市伝説のような話を信じ込んでいる方を時折見かけます。

いろんな人から聞いた情報を鵜呑みにして混乱していたり、やってみずして物事の良し悪しを決めつける「頭でっかち」な人が多いようです。

例えば、ネット集客などは自分で実際にやってみないとわからないことはいくらでもあります。にもかかわらず、誰が言ったかもわからず、正しいかもわからないような情報を元に判断していては、成功はおぼつかないでしょう。

自分の耳や目で確かめたものを仮定を立てて実践し、体感していくことこそ生きた情報と言えます。

SNSやメディアから玉石混交の情報が飛び交っている現代において、人づての情報は常に正しいとは限りません。あやふやな情報を拡散している場合もあれば、恣意的なベクトルが掛かっている場合もあるのです。

誤った情報からは正しい行動は生まれません。自らが体感し、誤った情報に振り回されないようにしたいものです。

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る