擒賊擒王 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

擒賊擒王 〜 兵法三十六計

擒賊擒王(きんぞくきんおう)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第十八計

「擒賊擒王(きんぞくきんおう)」

です。

「擒賊擒王(きんぞくきんおう)」とは

「擒賊擒王(きんぞくきんおう)」とは、
相手の核心(軍の主力や中心人物など)を叩くことで、相手を弱体化する」計略のことです。相手を打ち負かす時の「目標」と「目的」の重要性を説く言葉です。

「擒賊擒王」の話

羽柴秀吉(豊臣秀吉)と徳川家康・織田信雄の連合軍が戦った小牧長久手の戦いですが、徳川・織田連合軍に四国の長曾我部元親・北陸の佐々成政・関東の北条氏康が呼応し、秀吉軍は厳しい状況に置かれていました。序盤戦で池田恒興・森長可を戦死で失い、半年以上も戦線が膠着して周囲を反勢力が脅かす状態で、羽柴秀吉が取った計略が織田信雄との単独講和でした。

羽柴秀吉は、織田信雄から伊賀と伊勢半国の割譲を受けることを条件に講和を成功させて自らに取り込み、織田家を庇護するという大義名分を失った徳川家康は講和からわずか5日後に本拠地の三河に帰国し、9ヶ月に渡った小牧長久手の戦いは羽柴秀吉の戦略的勝利で終結したのです。

小牧長久手の戦いでは、個別の戦いでは勝利を収めた徳川家康でしたが、最終的には相手方の核心が徳川家康の本隊ではなく織田信雄にあることを見抜いた羽柴秀吉の軍門に下ることになりました。

【関連記事:豊臣秀吉 最後の言葉〜辞世の句

相手の核心部分を押さえてしまうことで事態が一変することがあります。相手の力の源泉となっている核心部分が何なのかを見極めることは現代のビジネスでも重要です。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る