支払いが遅れる会社は損をしている

支払いが遅れる会社は損をしている今回は請求の支払いが期日より遅れる会社は損をしているという内容について書いてみることにします。

一言で支払いが遅れるといっても色々ありますが、例えば、ご担当者のミスでうっかり入金期日を過ぎることが稀に発生します。誰にでもミスはありますし、ミスが起因の支払遅延はミスに気付いていただければすぐに解消しますので、この場合は特に問題はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しかし、稀なケースですが、確信犯的に支払いを遅らせる会社様があります。
当社で起こるケースだと、大体、

・トップダウンの会社
・経営者の年齢層は比較的高く、経営者としての経験年数は長い
・経営状態は決して悪くなさそう
・支払いは遅れるが、最終的には2~4週間遅れで支払いを行う

という感じです。

スポンサーリンク

昔ながらの経営者の方は、支払いタームを遅らせるのが経営だと学んできたのかもしれません。

確かに支払いを遅らせるとその分資金繰りは楽になり、経営はやりやすくなるでしょう。しかし、反対に請求した側の会社としては、いつ入金があるのか、入金する気があるのか、全くつかめない会社様だと、例えば広告運用のように継続的な業務を続けるべきかどうかを考えます。

行った業務の代金を必ずお支払いいただけるという信頼があれば、多少前掛かりになった集客にチャレンジしますが、信頼が揺らいだ状態になると、業務を一時停止しないまでも全力で対応することができなくなってきます。そして、こういう期間においては最良の結果は当然出てきません。

最良の結果を出せる用意はあるのに出せない状況は非常に残念なことだと思うのですが、こういった会社様だと毎月、月の半分程度は残念な状態が続いていきます。
結果、同じ費用を支払ってもパフォーマンスの違いが出てしまう訳です。

皆さんの会社ではちゃんと期日を守って支払いをしていらっしゃいますか?

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る