敵の敵は味方〜民進党と朝日新聞

敵の敵は味方〜民進党と朝日新聞

敵の敵は味方

敵の敵は味方」とは、元々は水と油の者同士が、共通の敵の為になりふり構わず手を組むことを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

敵を倒す目的の為には、使えるものは何でも使うべきで、正しい方法だと語る人もいますが、私が見る限り、過去「敵の敵は味方」の考えで行動して上手くいったケースを見たことがありません。

個人的にも「敵の敵は味方」の行動をとる人は、節操がなく、信義がないように見えますし、そういう相手に対して敬意や信頼感は湧きません。

「敵の敵は味方」の考えでは、単に敵を倒すという目的になってしまい、それでは大義がなく、求心力も生まないということなのだと思います。

スポンサーリンク

そういう意味では「敵の敵は味方」は、策として「下の下」のように思えるのですが、最近、民進党と朝日新聞は、この「敵の敵は味方」が好きなようです。実際に、私が「敵の敵は味方」と感じた例を挙げてみましょう。

例えば、2017年の2月下旬から3月に話題となった森友学園の籠池元理事長

元々は、思想的にリベラルの朝日新聞や民進党と、右翼的な思想の籠池氏は相容れないはずですが、国会での籠池氏の証人喚問が決まって以降は、お互いに急接近し、ノンフィクション作家の菅野氏も含めて、様々な情報を籠池氏が朝日新聞&民進党にリークするという奇妙な「敵の敵は味方」現象が見られました。

結局、森友学園は建設中だった小学校の代金を踏み倒したまま破産(民事再生法の適用を申請)し、籠池氏は補助金不正受給の詐欺容疑で告訴されることになり、怪しい “敵の敵” を味方にした格好になってしまいました。

そしてさらに、5月に入って話題となった加計学園の獣医学部新設で出てきたのが、前川喜平 前文部科学事務次官です。

前川 前事務次官は、文科省の天下り問題に際し、OBの天下り斡旋に直接関与しただけでなく、問題発覚後は証拠の隠蔽を図って、引責辞任となった人です。

本来、官僚の天下り問題は、民進党も朝日新聞も追求していた側であったはずが、この前川氏が朝日新聞や民進党に “文書” を持ち込み、その “文書” を以って政権を追求するという、これまた奇妙な「敵の敵は味方」現象となってしまいました。

その後、前川 前事務次官が出会いバーに頻繁に通っていたと読売新聞にスクープされてしまい、天下り斡旋と買春疑惑の当事者を朝日新聞と民進党は「味方」にすることになりました。

普通の感覚であれば、怪しいと思う人と「敵の敵は味方」の状態にはならないはずですが、朝日新聞も民進党もよほど追い込まれているのか、森本学園問題や加計学園の獣医学部新設の件で「下の下」の選択をしてしまったと言えるでしょう。

目の前に疑惑があった場合、本来、真実を明らかにしようとするのがマスコミや政党の役目だと思いますが、朝日新聞や民進党のように「敵の敵は味方」を地で行けば、目的が「真実を明らかにする」ことではなく「安倍首相にダメージを与える」ことにあると、国民に見透かされることになります。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る